COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

タテル(TATERU)に業務停止命令!株価はどうなるのか?倒産の懸念もPTSで大幅高に!

タテル(TATERU)に業務停止命令!株価はどうなるのか?倒産の懸念もPTSで大幅高に!



タテル(TATERU)が業務停止命令を国交省から受けました…

私はソーシャルレンディングで様々な企業で投資しています(^^)
過去にはみんなのクレジットやラッキーバンクでもキャンペーンに釣られて投資したものです…。
しかし少額だったため大きな被害はありませんでした!

 

一方、東証一部上場企業であるタテルが運営するTateru fundingにはかなりの金額を投資してました^_^;

 

ラッキーバンクなどと違って問題発覚後も中途解約が可能だったこともあり、実損害はありません。
しかし投資額が大きいだけに焦った記憶があります。

関連記事>>>
TATERU(1435)の融資資料改ざん報道を受けて一部解約!タテルの今後についての所感。
TATERU(1435)の融資資料改ざん報道後も遅延なく無事全て償還!倒産危機はまだあるのか?

 

 

株主優待の廃止など様々なニュースが尽きないタテルです。
そんなタテルが今回はついに国交省から業務停止命令を受けました。

 

業務停止命令のニュースでタテルの株価も激しく値が動いています。
今回は業務停止命令の内容を確認するとともに、久しぶりにタテルの株価を確認します(^^)/

 

「タテルの業務停止命令の内容は?」
「タテルの株価は今後どうなるの?」

 

 

ソーシャルレンディングはサラリーマンに向いてる投資法の1つだと思います。
しかし投資には変わりないので放置予定でも最低限の勉強は必要です。

最近は分かりやすい解説書も出てきているので1度勉強しましょう(^^♪

 

 

 

 

タテル(TATERU)が受けた業務停止命令の内容は?

それでは早速ですがタテルが受けた業務停止命令の内容を確認します(^^)
既にいくつかの大手ニュースサイトで内容が報じられていますね。

参照:国交省、タテルに業務停止命令

 

報道によれば国土交通省関東地方整備局がタテルに業務停止命令を出したという内容です。
今回はタテルの先日の事件に対して、宅地建物取引業法に基づいた命令になります。

 

この話は依然から報道がありました。
タテルの株価もこのニュースでさらに下げていましたね^_^;

 

 

今回のニュースで意外だったのが業務停止命令の期間です。
タテルの業務停止期間はわずか7月12~18日の1週間でした。

もちろん会社の業務が一週間とまるのは大変なことです。
しかしこれだけ報道されている事件なので正直もっと長い期間を想定していました。

 

 

タテルは以下のようなコメントを発表しています。
今後のタテルのアクションが気になりますね…。

タテルコメント
「このたびの処分を真摯に受け止め、引き続き信頼回復に努める」

 

 

 

タテルの株価は業務停止を受けてどうなる?PTSで株価が大幅上昇中

タテルの株価が大幅下落中…業務停止命令で株価は安値更新

続いてタテルの株価について確認してみましょう。
前回の振り返りも踏まえて、まずは直近3年間のタテルの株価の変遷について参照します。

tateru

参照:SBI証券 タテルの株価チャートより

 

 

うーん、いつ見ても激しいチャートですね^_^;
2016年には1000円以下だったタテルの株価もアベノミクスで急上昇しています。
2017年には2500円を超えて1年経たずに2.5倍にもなっています。

 

しかしその後はトレンド変換で反発しながらも下げていました。
しかし2018年は1500円を割ると急降下します…。
あっという間に500円以下、5分の1まで株価は下落しています(>_<)

 

直近では株主優待の廃止や業績の悪化で下落していました。
さらに業務停止命令のニュースもあり、株価は200円を下回っています。

 

 

タテルの株価はわずかな期間でなんと10分の1にもなってしまいました…。
株式投資のリスクの大きさを感じられる銘柄ですね^_^;

 

暴落したタテルの株価は割安?買い時なのか配当や株主優待、株価指数から考えてみた

株価が大幅に下落したタテルです。
この株高環境ではまさに暴落銘柄といってもいいのではないでしょうか^_^;

タテルなみの下がりではあとはCOOKPADが頭に浮かびますね。

関連記事>>>
クックパッド(2193)の株価の下落が凄まじい…株主優待が到着も改悪でクーポン価値は半減

 

さて現在は200円を切ったタテルの株式はお買い得なのでしょうか?
株価指数を確認してみましょう。

タテルの予想EPSは-112.7です。
赤字予想のため予想PERも算出不可能です…。

 

タテルのPBRは0.79倍です。
これだけ株価が落ちてもPBRはまだ1倍を切った程度なんですね^_^;

 

 

配当利回りと株主優待はどうなっているでしょうか?
タテルの予想1株配当は0円、予想配当利回りは0%です!
インカムゲインが0では投資意欲が湧きません…。

なお株主優待はクオカードでした。
しかし業績悪化にともない現在は廃止済みです。

 

関連記事>>>
TATERU(タテル)が株主優待廃止と無配を発表で株価がPTSで暴落!今後の株価はどうなる?

 

タテルは赤字決算で配当も優待もなしです…。
この現状では株価の暴落もやむなしですね^_^;

サラリーマン投資家が手を出すような銘柄ではないのではないでしょうか?
低位株投資の一発逆転ギャンブル以外は手出し無用だと思います。

 

 

タテルの株価がPTSで上昇中!倒産の危機は去ったのか?

さて本日は業務停止命令の内容が明らかとなりました。
予想より短い?1週間の停止期間を受けてタテルの株価はどうなるのでしょうか?

 

タテルのPTSの株価を確認してみましょう!

tateru

 

現在のタテルの株価は202円、 終値比で+35 (+20.96%)もの急上昇です( ゚Д゚)
最初は誤発注かと思いましたが、しっかり買い注文が入っていますね。

 

業務停止命令の内容が思ったより軽かったことを受けての買いが集まっているのでしょうか?
ひよりサラリーマン投資家の私にはここで買う勇気はありません…。

しかし一時はTateru fundingを多用していたこともあり同社の今後に興味があります。
明日以降もタテルの株価はを監視したいと思います(^^)

 

 

ラッキーバンクと違ってTateru fundingの損害は結局は0円でした。
上場企業として顧客の返金要請にすぐ応じてもらったのが大きかったです。

今後も私は上場企業関連のソーシャルレンディングに限って投資を継続したいと思います。

 

 

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはSBISLやOwners Bookになります!

 

利回りはそれほど高くありませんが、上場企業運営は安心感が違います!

案件数が限られているので最近はさらに人気高騰しています。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>SBIソーシャルレンディング
無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

 

管理人のSBISLやOwnersBookでの実績はこちら
>>>SBIソーシャルレンディング(SBISL)の投資実績をブログで公開!不動産担保ローン事業者ファンドが償還
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ