東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

スルガ銀行(8358)の株価がノジマ (7419)による創業家全株買取りのニュースで急上昇!今後の株価をPTSや指数から考える

スルガ銀行(8358)の株価がノジマ (7419)による創業家全株買取りのニュースで急上昇!今後の株価をPTSや指数から考える



スルガ銀行の創業家保有株式の買取をノジマが発表!筆頭株に…

なにかと最近騒がしいスルガ銀行です。
今回はスルガ銀行の創業家が保有株式を手放すというニュースが報道されました( ゚Д゚)

創業家がスルガ銀行の現行の経営に大きな影響を与えていたと思われます。
今後は経営体制が大きく変わっていくことが想定されますね。

 

 

私はスルガ銀行の株式は保有しておりません。
しかし今回買い取ったのはノジマです!
ノジマの株式は長期保有しているので株価への影響が気になります…。

 

今回はノジマによるスルガ銀行の株式買取による今後の株価についてPTSも含め状況を確認しました。

「スルガ銀行の株式買取の内容は?」
「株式買取でスルガ銀行とノジマの株価は今後どうなる?」

 

 

スルガ銀行の諸問題を巡ってこれまで様々な報道がありました^_^;
筆頭株主の交代で今後スルガ銀行の経営がどうなるか興味がありますね。

関連記事>>>
スルガ銀行(8358)の株価はどうなる?巨額赤字ニュースで倒産の危険性はあるのか。シェアハウス破綻の影響が大きい

 

 

 

 

 

大手家電量販店のノジマがスルガ銀行の創業家の全株を買取を発表!筆頭株主になります

早速ですが今回の報道を内容を確認していきましょう(^^)/
これまで既にノジマはスルガ銀行の株式を5%程保有していました。

今回買い取ることになったのはスルガ銀行の創業家が保有する全株です。
スルガ銀行株式の13%以上になり金額にしてなんと140億円ほどにもなります!

 

ノジマはスルガ銀行株式の2割近くを保有することになり筆頭株式となります。
金融事業を営むスルガ銀行の筆頭株主が家電量販店というのも不思議な状況ですね^_^;

 

 

ノジマは東証一部上場後も積極的に事業拡大を進めている印象です。
既にニフティや携帯電話販売の大手代理店ITXなどを買収しています。

関連記事>>>
ノジマ(7419)の株価が下落!高利回りの株主優待やポイントで人気も社長のパワハラ報道が原因か?

 

 

 

一見異色なノジマによる銀行業への進出です…。
報道ではノジマがFinTech関係、カード事業への進出を狙っているとの記載も見受けられました。

家電販売事業の成長より多角化による急成長を狙った形でしょうか?
株主として今後のノジマの動向によく注意する必要がありそうです(^^)

 

 

スルガ銀行株式買取でノジマとスルガ銀行の株価はどうなる?PTS株価を確認!

大幅下落していたスルガ銀行の株価がPTSで急上昇!創業家の影響は無くして経営立て直しなるか?

創業家が全株式を売却することでスルガ銀行経営への影響力がなくなります。
これにより今後スルガ銀行の経営は好転するのでしょうか?

他業種であるノジマとの連携による効果も気になるところですね(^^)
今回の株式買取報道で市場はどう捉えたのでしょか?
まずは直近3年間のスルガ銀行の株価の変遷について参照します。

 

 

 

 

suruga
参照:SBI証券 スルガ銀行の株価チャートより

 

 

2017年初頭には2500円程度だったスルガ銀行の株式です。
2018年になり数々の経営問題が明るみとなり株価は急落していきます…。
現在スルガ銀行の株価は400円強で落ち着いていました。

 

 

 

今回のノジマによるスルガ銀行の株式買取で今後の株価はどうなるでしょうか?
市場がどのように判断したのかPTS取引の状況から予想します。

 

スルガ銀行のPTSでの株価は終値から+50 (+11.16%) の498円、大幅高となっています。
(19/10/25 23:58)

 

 

どうやら市場は今回の筆頭株主交代を好印象で受け止めたようですね(^^♪
いくら施策を打っても創業家の影響を排しなければ変わらないという心配を払拭しました。

 

 

 

スルガ銀行筆頭株主になるノジマは事業拡大のチャンス?ノジマの今後の株式はどうなる?

それでは続いてノジマの株式も同様に確認していきましょう。
ノジマについても直近3年間の株価の変遷について参照します。

 

 

suruga
参照:SBI証券 ノジマの株価チャートより

 

私はノジマの株式は3年以上は保有しています。
2017年初頭には1200円台だった株価は事業成長とともに上昇しています。
2018年には3000円を突破して含み益でホクホクでした(^^♪

 

 

しかしその後はトレンド変換で長期の下落が続いています…。
最近は1750円で反発してやや上昇に転じてきますね。

ノジマは配当に加えて株主優待を重宝しています!
今後は株価の堅調な推移を株主として期待しています(^^)

 

 

さて今回の報道を受けてノジマの株価はどうなるでしょうか?
スルガ銀行株式買取の報道を受けてノジマのPTS株価は値が付いておりません!

 

ただしPTSの板では1910円で買い注文が出ており、終値の1876円から上昇が期待できます。
スルガ銀行ほどではないようですが、ノジマにも好影響があると市場は感じているようです。

 

 

 

スルガ銀行の今後の経営立て直し期待!ノジマに加えて新生銀行との業務連携も今後注目

株式市場は今回のスルガ銀行の創業家全株の買取を好印象で受け止めた模様です。
今後のスルガ銀行の経営が健全なものとなり、早く事業が立て直しされることを期待したいです(^^)

 

ノジマが筆頭株主となり今後の事業展開がどうなるか楽しみです。
一方すでにスルガ銀行は同業他社の新制銀行との業務提携も発表しています。

 

3社連合で新たな価値を提供してくれることを今後期待します!
私もしばらくはノジマの株式を保有して成行を見守りたいと思います。

 

 

管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。

最近挑戦しているのは端株による分散投資です!
端株は値嵩株の分散投資や株主番号維持に有効だと思います。

 

単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。
一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。

株高状況や下落トレンドでは一括購入のリスクもあるので上手く端株投資を利用したいですね(^^)
これまでは端株投資は手数料が高いのが最大の難点でした。

 

最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。
Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。
端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。

無料口座開設(公式サイト) SBIネオモバイル証券

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?

 

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ