東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

東宝(9602)の株価は下落する?株主優待と配当利回りから予想!優待の株主カードでTOHO映画館に行こう

東宝(9602)の株価は下落する?株主優待と配当利回りから予想!優待の株主カードでTOHO映画館に行こう



東宝(9602)の株価が好調を維持!株主優待券を取得して映画を見たい銘柄

みなさんは映画館で映画はどれくらい見ますか?
投資クラスタの人は節約家の方が多いのでコンビニや映画は嫌われる印象です^_^;

 

 

しかし私は映画館で映画を見るのが大好きです!(コンビニもだけど)
普段仕事や資格勉強で忙しくでも映画を見ると癒されます。

もちろん家でもDVDで見れば同じ映像が見れますが…
やはり映画館の大スクリーンと音響で映画の世界に浸るのとは違いますね(^^)

 

 

最近では「天気の子」を鑑賞しました。
美しい風景や青春に感動しました!

created by Rinker
KADOKAWA
¥648 (2019/10/18 07:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

さて今日は株主優待の中でも8月の映画銘柄に着目です。
東映の株価と配当利回り、映画が見れる株主優待から考えてみました。

「東映の株主優待制度の内容は?」
「東映の株主カードの使い方は?」
「東映の株価はどうなる?配当と株価指数を確認!」

 

 

私もこれまで東宝の株主優待は現物でもクロスでも取得したことがありません。
映画優待は優待制度が複雑ですし、手数料も高い印象です。

今回は映画ライフを満喫するために東宝の株主優待を読み込みました!

 

 

 

東宝の株主優待でTOHO映画館に行こう!株主カードの使い方と優待制度の概要を解説

東宝の株主優待制度は映画優待券、株主映画ご招待券、演劇招待券が貰えます

それでは早速ですが東宝の株主優待制度を確認していきましょう。
保有株式に応じて内容がかなり変わる複雑な優待制度です…!

 

東宝の株主優待制度の概要

権利月:年2回(2月、8月)
優待品:
①映画優待券
②映画招待券(1シート6枚)
③演劇招待券(6公演分)

保有株式数と優待内容
100株以上:①2枚
500株以上:①8枚

1,000株以上:②1シート
2,000株以上:②2シート
3,000株以上:②3シート
5,000株以上:②6シート
10,000株以上:②10シート
20,000株以上:②15シート
30,000株以上:②20シート
50,000株以上:②25シート
100,000株以上:②30シート

10,000株以上:③A席券
30,000株以上:③A席券
50,000株以上:③S席券

参照:東宝HP 株主優待より

 

東宝の株主優待は①~③の3種類が貰えます。
メインは②になると思うので内容を後述します(^^)

 

①の映画優待券は通用劇場(特定劇場、一般劇場、共同経営劇場等)で利用可能です。
映画優待券1枚につき、一般・学生・シニア・小人等に関わらず1人が800円で映画が鑑賞できます。

映画館には様々な割引がありますが、1500円前後はかかることが多いです。
800円で映画が見れるならかなりお得だと思います。

 

 

ちなみに1000株以上保有の株主は①の映画優待券は貰えません。
②の映画招待券のみになるので注意が必要ですね(^^)

 

 

東宝の株主映画招待券の使い方は?優待制度の内容を説明…株主カードやファミリーカードがややこしい

映画割引券だけでもお得ですが、私が欲しいのは映画招待券です(^^)/
しかし優待制度や使い方が複雑なので分かりづらい…!
今回は優待利用に備えて使い方を調べました。

詳細は東宝のHPでも確認なので長文でよければコチラをご覧ください。

 

 

まず東宝の優待は1000株以上保有の場合「株主カード」と「株主映画ご招待券」の2つが届きます。
優待を利用して映画を鑑賞するには両方必要です。

また東宝株主カードは今後の優待でも繰り返し使いますので捨てずに保管してください。
紛失の場合は再発行に2000円もかかります^_^;

toho

 

 

映画館でカードと招待券の番号が一致した際に入場可能です。
また株主本人以外にも家族も利用可能なようなので嬉しいですね!
保有株式が多くて貰えるシートが多いと利便性のためファミリーカードも発行されます。

 

 

 

さて分かりづらい東宝の優待の単位「シート」について説明します^_^;
1シートとは、招待券が6枚綴りになったものです。

しかしこの6枚は全く同じものではありません。
上期優待であれば6・7月、8・9月、10・11月に有効な招待券が各2枚ずつとなっています。
つまり6・7月に有効な券が2枚、8・9月も2枚、10・11月2枚の合計6枚です。

 

 

6・7月に見たい映画が3本あっても優待では2本しか見れません!
また6・7月に1本しか見なくても、それ以降の月には持ち込めないのでご注意ください(^^♪

 

 

 

映画招待券はどこでも使えるの?特定劇場では必要な枚数が違うので注意が必要です

なんとか東宝の優待の「1シート」について理解しました(^^)
しかしまだ例外があるので注意が必要です。

 

1人1枚で入場できるのは一般劇場になります。
特定劇場で他社配給作品の場合は1人2枚必要です。
(特定劇場でも東宝配給作品なら1人1枚で鑑賞可能です。)

 

なお特定劇場とは下記の5館になります。
こちらを利用する方は東宝配給作品か他社配給作品か事前に確認しておきましょう。

東宝の特定劇場

TOHOシネマズ 日比谷
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
TOHOシネマズ 新宿
TOHOシネマズ 梅田
TOHOシネマズ なんば・本館

 

 

また共同経営劇場等では通常劇場同様に1人1枚で入場できます。
ただし、東宝配給作品(特別興行除く)についてのみに利用が可能になっています。

 

共同経営劇場等

新宿バルト9
大阪ステーションシティシネマ
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
広島バルト11
札幌シネマフロンティア

 

 

どうでしょうか?
数ある優待の中でもかなり複雑な優待制度になっていると思います^_^;

 

ここに記載した以外にも3D劇場など一部では追加料金が必要なものもあります。
また優待の趣旨からインターネットを利用した予約も利用することができません。

 

 

なるべく株主に利用してもらえるように対応可能劇場を増やしている影響もあるかと思います。
利用方法を間違えないように事前に分からないことは問い合わせなどした方が良さそうですね(^^)

 

 

 

東宝の株価は下落する?配当利回りと株価指数から今後の株価の推移を考えてみた

東宝の株価の上昇が凄い!長期保有でキャピタルゲイン狙いもありか?

それでは続いて東宝の株価を確認していきましょう(^^)/
まずは直近3年間の東宝の株価の変遷について参照します。

 

toho

参照:SBI証券 東宝の株価チャートより

 

 

2016年後半に東宝の株価は3000円強でした。
値嵩株なこともあり株価の動きは重たい印象でした。

その後は優待人気とアベノミクスの追い風で4000円まで上昇しました。
100株で10万円のプラス…株主にはありがたい状況でした(^^)

 

 

その後は上下しながら徐々に切り下げていましたが2018年後半に転機を迎えます。
東宝の株価がグングンと上昇して2019年7月には4750円を超えるまで値上がりしました。
これだけ右肩あがりだと株主には嬉しいですよね…。

 

1単元だけでも保有しておけばよかったです(>_<)
しかし値嵩株だとやはり買いづらいものです…。

 

 

今や私の投資の重要な方法となった端株投資による積立を実践しておけばよかったです。
昔は端株は売買手数料が高くて使えませんでしたが、最近は端株取引がかなり安くできるようになりました!

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?
SBIネオモバイルでポイ活を開始!Tポイントで購入した優待端株のポートフォリオを公開

 

 

現在は急上昇から調整していましたが再び上昇して4600円台です。
チャートを見ていると力強い値動きをする銘柄という印象です(^^)

 

 

 

東宝の株価は割高?配当利回りと株価指数から今後の株価を考えてみた

さて株価の上昇が順調な東宝株式ですが現在は割高なのでしょうか?
まだ買える値段なのか配当利回りと株価指数を確認していきます(^^)/

 

現在の東宝の株価4630円で、予想PERは26.4倍、PBRは2.3倍程度です。
株価が値上がりしただけあって東宝の株価はやはり指数的には高いです…。
今の株価が半額くらいになると指数的には私の好みになります^_^;

 

 

続いて配当利回りを確認してみます。
東宝の現在の株価で予想1株配当は45円、予想年間配当利回りは0.76%です。

うーん、東宝の配当利回りは1%以下です!
株主優待があるとはいえこの利回りだと買いたい衝動が起きませんね。

 

 

 

東宝の株価は今後どうなる?業績予想から今後の株価を考えてみた

それでは最後に東宝の業績を確認していきましょう(^^)/
現在の株価が多少割高でも業績や利益の成長が高いなら期待できますね。

 

最近の決算説明資料から業績予想を確認してみます。

 

toho

参照:東宝HP 2020年2月期第1四半期 決算説明資料

 

 

営業収入は+1.5%のほぼ横ばいです。
東宝の今期の業績は利益段階では営業利益が±0%、経常利益が+0.9%となっています。
今回はなんとか増収増益ですね!

 

映画事業が好調だったため今回は業績修正でこのような予想になっています(^^)
株価もそれにすぐに反応して上昇していますね。

 

 

増収増益とはいえその成長性は決して高くはありません。
映画事業が今後爆発的に増加するようには思えないです…。
しかし映画は文化として一定の事業収入を永続して生むのではないでしょうか?

 

 

現在の株価は割高感を感じるので今期はクロスを利用したいと思います。
手数料が高い上に配当が貰えない…値嵩株でなければ現物で攻めたいところです^_^;
株価が下がったら是非参入したい銘柄です…管理銘柄に入れました!

 

 

管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。

最近挑戦しているのは端株による分散投資です!
東宝のような値嵩株の分散投資にも有効かと思います。

 

単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。
一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。

株高状況や下落トレンドでは一括購入のリスクもあるので上手く端株投資を利用したいですね(^^)
これまでは端株投資は手数料が高いのが最大の難点でした。

 

最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。
Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。
端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。

無料口座開設(公式サイト) SBIネオモバイル証券

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ