東証一部上場のプロパティエージェントが不動産クラウドファンディングを開始!

Funds(ファンズ)がコロナショックの影響について発表!上場企業貸付案件の配当や償還の遅延はあるのか?

Funds(ファンズ)がコロナショックの影響について発表!上場企業貸付案件の配当や償還の遅延はあるのか?



コロナウィルスで世界的な混乱が続く中、Funds(ファンズ)がファンドへの影響について発表

コロナショックが本格化してから1カ月ほどが経ちます。
中国に端を発したコロナショックですが今や世界の多くの地域で混乱を引き起こしています。
世界経済への深刻なダメージも懸念され株価の乱高下が続いていますね((+_+))

 

私も長期で保有している株以外は含み損に突入が出始めています!
優待や配当目当ての長期保有…初志貫徹できるか精神的な戦いが始まります。

 

 

さて株式以外の資産はどうなるのでしょうか?
私の場合、株式以外の主要な投資先はソーシャルレンディングやクラウドファンディングです。
経済の先行きが危ぶまれる中、これらの損失は懸念されるのでしょうか。

 

 

本日はFunds(ファンズ)がコロナウイルスの影響によるファンドの配当・償還について言及したので中身を確認します。
最近の株価の乱高下で株式以外のアセットロケーションを考えている方は是非ご覧くださいね(^^)/

「Fundsのコロナウイルス影響に関する発表の内容は?」
「Fundsの値動きがない貸付ファンドの仕組みは?」

 

 

株式投資に比べてソーシャルレンディングやクラウドファンディングの歴史は浅いです。
また勃興期の詐欺的な一部の企業の悪質なふるまいで悪評もあります…。
私は魅力的な投資だと思いますが、一度どのような仕組みか勉強してみるといいかもしれませんね!

 

 

Fundsに興味があっていち早く公式サイトで確認したい方はコチラからご覧頂けます。
他のソーシャルレンディングに比べて上場企業に貸付するファンドが魅力的ですよ(^^)

 

公式サイト>>>
Funds

 

 

 

Fundsのコロナショックに対する影響の発表内容は?貸付ファンドの配当や償還に関する影響を報告

Fundsの仕組みは?株式と違い価格変動がないことに加え、上場企業グループの与信に紐づくスキーム

コロナショックによる経済悪化懸念で株価の暴落が続いています((+_+))
この状況に対してFundsが自社のファンドに関してコロナショックの影響をメールで発表しました。

 

メールの内容をいくつかに分けて確認していきましょう(^^)/
まずはFundsの貸付ファンドに関する影響の部分をメールから抜粋して紹介してます。

 

現在、新型コロナウィルスの世界的流行をうけて、株価が大きく変動するなど金融市場へも影響が出ている状況です。

Fundsで募集しているファンドは、利回り予定型の商品のため、株価のように相場の変動がないという特徴がございます。 また、もし仮に出資対象事業が外部環境の影響を受けた場合であっても、Fundsでは上場企業グループ全体の与信に紐づくスキームを採用しているため、上場企業グループがデフォルトする事態にならない限り元本償還が行われます。

(中略)

今回のような情勢においても、上場企業は各取引所のルールに基づき情報開示を行っており、投資家の皆様もご自身で対象上場企業の財務状況を確認していただくことが可能です。

参照:Fundsメール「新型コロナウィルスの影響について」より抜粋

 

 

ソーシャルレンディング型投資であるFundsの貸付ファンドでは値動きがありません。
そのため経営環境が悪化して企業の収益が落ちても予定利回りのまま運用されます

もちろん投資家が投資したファンドの収益が企業側としては悪化する懸念があります。
しかしFundsの案件ではファンドは上場企業グループ全体の与信を受けたスキームなのです!

 

 

基本的には上場企業がデフォルトしない限りは元本は少なくとも償還されます!
貸付期間中に上場企業が倒産しない限り元本毀損の可能性は低いですね(^^)

もちろんコロナショックで不運にも倒産する上場企業も今後でてくるかもしれません…。
投資した責任として投資先企業のIR発表や経営状況はウォッチしておきましょう♪

 

 

現在のところはコロナショックでFundsの貸付ファンドで配当や償還に影響はありません

さてFundsでは仕組み上は元本毀損は貸付先の企業がデフォルトしない限りはありません。
一方で投資したファンドの「配当」に関してはどうなのでしょうか?

 

Fundsのメール発表の内容から現状のファンドの配当や償還への影響について確認します(^^)/

なお、念のため3月18日時点で配当や償還に影響が出るような事象は発生していないことを申し添えます。
運用中のファンドについて、配当又は償還の遅延という問題が生じる可能性を当社が感知した場合には、速やかに投資家の皆様にご報告いたします。

今後もご提供できるファンド数を増やすべく、鋭意準備を進めている状況ではございますが、新型コロナウィルスによる影響も踏まえながら、より慎重に審査を進めてまいります。

参照:Fundsメール「新型コロナウィルスの影響について」より抜粋

 

うーん、きちんとFundsの貸付ファンドとしての機能が働いていて素晴らしいです!
株価は乱高下していますが案件の配当や償還には現状では影響はないとのことです。

 

 

今後は世界経済が不況入りすれば倒産する企業も増えてくるかもしれません。
Fundsのファンドは審査がしっかりしているとはいえ全てお任せにするのは良くありません。
今後は特にFundsの上場企業ファンドに投資する際は対象企業の経営状況は確認したいですね。

 

 

昨今のような相場環境で株式投資のリスク変動が大きくなっています。
私は大怪我しない程度に株式を買っていますが…
待機資金はソーシャルレンディングのように値動きがないファンドで運用しておきたい時期ですね(^^)/

公式サイト>>>
Funds

 

 

 

Fundsの仕組みは?ファンド組成スキームやコンプライアンス体制を確認

それでは最後にFundsの仕組みについておさらいしておきましょう(^^)/
下記の記事でも詳述しているので興味がある方是非ご覧ください。

なおFundsは元々はクラウドポートという企業名でした。
ソーシャルレンディングに興味がある方は耳にしたことある名称でしょうか?

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

 

 

Fundsは企業が事業資金調達のために組成したファンドへ匿名組合契約を通じて投資できる資産運用サービスです。
これまでのファンドで企業は基本的に上場企業およびその子会社です。
匿名組合契約による出資ですが投資先の企業が明らかとなっているのは大きなポイントです(^^)/

 

 

Funds
参照:公式サイト>>>Funds

 

 

投資先は上場企業であるものの、残念ながらFunds自体は上場企業ではありません。
情報の公開性や信頼度から個人的には早くFundsには上場して欲しいと思いますが…^_^;
Funds自体に投資したいのですがFUNDINNOで未上場株を取り扱ってくれませんかね?

 

 

 

 

Fundsはこれまでのソーシャルレンディング業界の悲劇も踏まえてガバナンス体制をしっかり整えています。
「3つの防衛線」の考えてのもとコンプライアンス順守で業務を行っているようです。

 

Funds
参照:公式サイト>>>Funds

 

 

 

現場だけではなく、コンプライアンス部門や独立した内部監査室があるので現場の暴走は止めれそうですね。
TATERUのような事件もあったのでしっかり自社の中で監視をして欲しいものです。

一方でできれば外部監査を体制に組み込んで欲しいと考えています。
今後もFundsには法令順守のもと、着実や経営で投資家サービスの継続と成長を期待したいです(^^)

 

公式サイト>>>
Funds

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ