サムライ証券のキャンペーンで今ならAmazonギフト券をゲット!

クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?



クラウドポートが新たな資産運用サービスであるFunds(ファンズ)を開始!

昨年はソーシャルレンディング業界で様々な事件が頻発しました。
私自身も一部の粗悪な会社で被弾してしまいました…。

ソーシャルレンディングを初めた頃に利回りに釣られて投資したファンドはダメですね^_^;
最近は上場企業など、信頼おける企業のサービスの利用に限定しています。

関連記事>>>
OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

ソーシャルレンディングの匿名性などが改善されるまで新業者への投資は控えていた状況です。
今回はソーシャルレンディングの案件検索で有名なクラウドポートが新たなサービスを開始したの大注目です!

最近の株価の乱高下で値動きを見るのに疲れている投資家にはかなり魅力的なサービスですね(^^)
Funds(ファンズ)について早速下記の観点で記事にしたので是非ご覧ください。

「クラウドポートの新サービスFunds(ファンズ)はどんな投資方法?」
「Funds(ファンズ)の特徴や安全性は?」

 

すぐにでも公式サイトで詳細を知りたい方、投資をしたい方はこちらからどうぞ。
管理人クロノの当記事も後ほどご覧頂ければ嬉しいです!

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

 

Funds(ファンズ)は新たな「貸付投資」です!ソーシャルレンディングとは何が違う?

クラウドポートがFunds(ファンズ)で貸付ファンドへの投資を可能にしました

ソーシャルレンディング案件検索のクラウドポート(CROWDPORT)をご存知でしょうか?
ソーシャルレンディングの案件を業者をまたいで網羅的に検索できる便利なサービスです。

ソーシャルレンディング各社を横断比較

 

このサイトを運営しているのがクラウドポート(CROWDPORT)です。
ソーシャルレンディング投資家の間では有名なそのクラウドポートが魅力的なサービスをついに開始しました(^^)

 

その新サービスの名称がFunds(ファンズ)です!
Fundsとはさまざまな「貸付ファンド」に投資できるオンラインマーケットと定義されています。

すなわちFundsは株式などと違い、企業への貸付に関するファンドへの投資になります。
社債に近い形式だと私は投資案件の説明を見て感じました。

 

新たな投資法である貸付投資ですが、メリットはどんな点があるでしょうか?
Fundsのメリットとして以下の2点が挙げられています(^^)

Fundsの貸付ファンドのメリット

1)相場による値動きがないため、投資をしたら運用中の手間がほとんどかからない
2)予め利回りと期間が決まっているため利益予想ができるので、投資計画を立てやすい

 

このメリットはソーシャルレンディングと近しいものがありますね!
株式投資と違い、日々の値動きがないのはサラリーマン投資家にとってはありがたいものです。

一度投資してしまえば後は予定通り運用されるのを待つだけです。
これこそまさに不労所得というものですね。

 

Funds(ファンズ)で貸付先が凄い!上場企業が中心の投資先で安心感があります

いくら便利な投資法でもリスクが高すぎる投資は避けたいものです。
ソーシャルレンディングでも貸付先が分からないため粗悪なファンドが一部の業者であふれていました…。

 

しかしFundsの対象となる企業はかなり選抜されています!
投資先には上場企業を中心とした企業をクラウドポートが厳選しています。
既に開示されている貸付先にはアイフルやデュアルタップなど上場企業が名を連ねています。

Funds

 

 

投資先が上場企業であれば借り逃げのようなことをするとはあまり想像できません。
株主や顧客などのステークホルダーから非難されるような事は避けるはずですね。

 

今後も上場企業を中心としたファンドが組まれるのであれば安心して投資ができそうです(^^)
クラウドポート自身も上場して頂けると安心感がさらに増すので是非頑張って頂きたいですね。

 

ちなみに現在のところFundsでは最低投資額は1円からの予定です。
分散投資してリスク低減も図れるので最低投資額が低い設定なのはサラリーマンには嬉しいです(^^)
CROWDPORTのサービスもそうですが顧客重視の姿勢は好感が持てますね!

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

Funds(ファンズ)の利回りは中程度!ミドルリスクミドルリターンの投資です。

さて注目の新投資法である貸付投資ですが利回りはどうなるでしょうか?
現在公開されている情報では利回りは1.5~6%程になるようです。

 

1.5%とはソーシャルレンディングに比べればかなり低い利回りになります。
それでも上場企業への貸付のようなリスクの低い投資では妥当ではないでしょうか?
ハイリスクハイリターンの投資はサラリーマンの私には向いていないようです^_^;

 

どうやら投資の利回りは以下のような順序になりそうですね!
私はソーシャルレンディングを一部の業者に限っているため眠っている資金があります。
銀行預金ではほぼ増えないためFundsのサービスに期待しています。

銀行預金<<社債<貸付投資<ソーシャルレンディング

Funds

 

当たり前ですが、値動きがないためFundsではキャピタルゲインは望めません。
安定感があるうので嬉しいのですが株式投資好きにはスリルはないかもしれませんね^_^;

株主優待のようにFundsでも投資家限定で投資先企業にちなんだ優待があると面白いですね!

 

Funds(ファンズ)の利用料金は現時点では無料!口座開設の条件は?

サービス開始前の案内を見る限り、Fundsの内容はかなり魅力的ですね!
サービスの利用料はどうなっているのでしょうか?

現在の所はFundsを利用に手数料はかかりません。
口座開設や投資、デポジット口座からの出金などはすべて無料とのことです。
ただしデポジット口座から引き出す際の振込手数料は負担する必要があるそうです。

 

ソーシャルレンディングのサービスに近いような料金体系ですね。
高利回りサービスではないので振込手数料は月回数限定でも無料にして欲しいですね…。
一度入金したら配当再投資で引き出さずに運用するのが賢そうです。

 

さて魅力的な新サービスのFundsですが誰でも口座は作れるのでしょうか?
現在公開あれているFundsの口座開設の条件は以下の4点になります。

・20歳以上75歳未満の方
・日本に居住している方
・反社会的勢力等に該当しない方
・当社の審査を通過した方(審査基準及び内容はお答えできません)

 

最初の3点はソーシャルレンディングでもよくある一般的な条件です。
ただし最後の審査の詳細が不明ですね…気になります。

一部のクラウドファンディングサービスでは審査が意外に厳しく落ちる場合もあるようです。
現在の所、Fundsの審査がどれくらい厳しい審査なのか不明です。
人気が高騰したら口座開設にも年収などで条件が設定されるのでしょうか?^_^;

 

サラリーマン投資家の私は今回の募集開始とともに早速申込みしました!
是非とも審査合格して新たな「貸付投資」を体験したいと思います。

口座開設の方法と合否結果については改めて記事にしたいと思います。
サービス開始最初の案件はクラウドポートも良案件を揃えてくると予想してます。

 

案件数はそれほど多くないと人気化して口座開設にも時間がかかると思います。
審査条件が厳しすぎないことを祈ります…。
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

口座開設の審査に無事合格しました^_^

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)の口座開設完了!審査項目の入力内容と合格基準は?

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ