東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

SBIネオモバイル証券がIPOの取扱いを決定!ひとかぶIPOにネオモバアプリから申し込もう。ひとかぶIPOの特徴を徹底解説!

SBIネオモバイル証券がIPOの取扱いを決定!ひとかぶIPOにネオモバアプリから申し込もう。ひとかぶIPOの特徴を徹底解説!



SBIネオモバイル証券…あのネオモバがついにIPOの取扱いを決定しました!

日頃から端株取引で愛用しているのがSBIネオモバイル証券です(^^)
他証券会社に比べて端株(S株)の手数料が格段に安いのでかなりお気に入りです!

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?

 

 

今回はSBIネオモバイル証券がついにIPOの取扱いをはじめるという大ニュースです!
これまで端株で利用していた方に加えてIPO狙いでネオモバの愛用者が増えそうです(^^)

「SBIネオモバイル証券がIPOの取扱いを決定!」
「ネオモバのひとかぶIPOの内容と特徴は?」

 

 

正直SBIネオモバイル証券がIPOを取扱いするとは予想外でした^_^;
これはSBI証券の本気度も伺えますね!

当然ながらSBIネオモバイル証券の口座がなければ申込みは出来ません!
ネオモバの初IPO案件から申し込みたい方は口座準備をしておきましょう(^^♪

公式サイト>>>

SBIネオモバイル証券

 

 

 

SBIネオモバイル証券のひとくちIPOの特徴は?ネオモバイルアプリから申し込みましょう!

それでは早速ですがネオモバが開始するIPOサービスの内容を確認しましょう(^^)
サービス名称は「ひとくちIPO」です。

 

SBIネオモバイル証券のひとくちIPOの特徴

・取扱いは2019年11月30日から開始
・IPOの申込みが1株単位
・IPOの配分は抽選方式
優遇枠として「若年優遇」や「取引継続優遇」などユニークな配分方法がある
・業界トップのSBI証券のIPO取扱銘柄数だから申込機会が多い
※SBIネオモバイル証券はSBI証券が引受けた銘柄の一部を委託販売する予定

sbineomobile

参照:SBIネオモバイル証券

 

さすがは端株取引でアドバンテージのあるネオモバです!
IPOの申込みも1株単位となっています(^^)
値嵩株のIPOも1株単位なら資金が少ない方も申込み可能ですね。

 

他の証券口座のIPOの方式と同様にネオモバも完全抽選方式になっています。
特徴的なのはネオモバはさらに優遇枠として「若年優遇」や「取引継続優遇」が準備されています!

 

 

「若年優遇」は20~30代の方が当選しやすくなる優遇制度です。
「取引継続優遇」ではネオモバでの取引状況に応じて当選確率が高まるようです( ゚Д゚)

他の証券口座にはないユニークなIPOの抽選方式ですね!
これらを活用して是非当選を目指しましょう!

 

 

 

SBIネオモバイル証券のひとくちIPOはBB(ブックビルディング)は無し!公募決定後に株数を入力するだけ

さてユニークなIPO優遇抽選に加えてネオモバのひとくちIPOに特徴があります。
かなり特殊なIPOルールなので申込み前によく確認しておきましょう(^^)/

 

まず「ひとかぶIPO」はBB(ブックビルディング期間)がありません!
ネオモバでは公募価格が決定してから申込みが開始されます。
投資家はBBなしで公募価格でIPO株の購入希望株数を入力して申込みます。

 

すでに抽選申込みや当選のイメージ図が公開されています。
端株のIPO…楽しそうですね(^^♪

sbineomobile

 

 

さて色々と特徴があるひとくちIPOですが注意点もあります。
ネオモバの特徴であるTポイントに加えてIPOの取引ルールもかなり特殊です。

「ひとかぶIPO」の注意点

・ひとかぶIPOの申込みはネオモバ株アプリ専用のサービス。
・通常の株式取引と違いTポイントが利用できない。
「ひとかぶIPO」で購入した株式は初値成行売りができない。
上場日以降に市場において初めて取引が成立した日の翌営業日より、売却が可能になります。

参照:SBIネオモバイル証券

 

 

ひとくちIPOで当選した公募株はなんと初値成行売りができません!
他の証券会社ではありえない特殊なルールですね^_^;?

ひとくちIPOは色々と特徴的なIPO制度です。
よく内容を理解して、是非みなさんで当選を目指しましょう(^^)/

 

公式サイト>>>

SBIネオモバイル証券

 

 

 

管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。

最近挑戦しているのは端株による分散投資です!
端株は値嵩株の分散投資や株主番号維持に有効だと思います。

 

単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。
一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。

株高状況や下落トレンドでは一括購入のリスクもあるので上手く端株投資を利用したいですね(^^)
これまでは端株投資は手数料が高いのが最大の難点でした。

 

最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。
Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。
端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。

無料口座開設(公式サイト) SBIネオモバイル証券

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?

 

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ