COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

SBIソーシャルレンディングが新機能を実装!遅延案件の配当予定額がおかしい?

SBIソーシャルレンディングが新機能を実装!遅延案件の配当予定額がおかしい?



SBIソーシャルレンディングが新機能を実装

現在私はソーシャルレンディングの投資先は上場企業またはそのグループ会社が運営するサービスに限っています。
SBIソーシャルレンディングは信頼あるSBIグループに属していますので積極的に利用しています!

しかし、残念ながら「SBISL不動産バイヤーズローンファンド」のいくつかで遅延が発生しております。
ただし担保物件をきちんと押さえていることから、投資家元本を毀損することなく終結することを期待しています。

遅延しているSBISL不動産バイヤーズローンファンドについて詳細を知りたい方は下記の記事をぜひご覧くださいね。

関連記事>>>
SBIソーシャルレンディングの遅延案件の貸付先と担保不動産の情報がありました
SBIソーシャルレンディングの遅延案件で貸付債権の一部回収について進捗あり!

 

さて、メール等では事前に案内がなかったと思いますがSBISLがWEB管理画面に新機能を実装していました!

どんな機能が追加されたの?便利なの?
遅延案件に関して新機能で確認できることはあるの?

今回は新機能の簡単な紹介と、遅延中のSBISL不動産バイヤーズローンファンドで気になったことについて報告します。

 

投資登録一覧画面に「詳細」ボタンが追加。交付書類の再ダウンロードが可能に!

SBIソーシャルレンディングのトップ画面で2018年08月27日に今回のアップデートが報告されています。
なおこのお知らせの文面はクリックできないため(リンクはない)、これ以上の詳細説明はありません。
実際に自分で新機能がどのようなものか確認する必要があります!

SBISL

 

ログインしてトップメニューの「投資情報」ボタンにカーソルを合わせましょう。
表示されるサブメニューの中の「投資登録一覧」を選んでください。

SBISL

 

現在自分が出資中のファンド一覧が表示されたかと思います。
ファンドIDの項目の中に「詳細」ボタンが新設されています!

SBISL

 

ちなみに表の右上にある「現在出資中のファンド」を選択して「全てを表示」にすると償還済みの案件も表示されますよ。

SBISL

 

「詳細」をクリックすると各ファンドの投資詳細情報が確認できます。
また、本画面から重要事項説明書などの交付書類がいつでも再ダウンロード可能となっています!

私は投資を実行する際にこれらの書類をダウンロードして、自分のPCにファンド毎に保存しています。
重要な書類になりますのでまだダウンロードしてない方はご自分のPCに保存しておくことをオススメします。

 

詳細画面からはファンドごとの配当予定が確認可能!でも配当予定額がおかしい…

詳細画面からはさらに配当日や配当予定額などがテーブルで確認可能です。
利息収入のみではなく、源泉徴収税や税引後利益が表示されていて分かりやすいですね。
既に実施済みの配当分は青字で表示されて「配当済」の項目に青丸が記入されています。

SBISL

 

とても便利な機能なのですが、気になる点があります。
「配当予定額」の金額が予定額になっていないのではないでしょうか?

例えば上記画像のSBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の2018/07/17の配当予定額はわずか「160円」です…。
これは当然もともと支払われるべき配当金額ではなくて、遅延が起きた結果支払われた実額になっています。

現在2018/09/15の配当予定額は2195円ですが恐らく遅延の影響で数百円になるでしょう。
支払い後に配当予定額をその実績である数百に変更するのであれば「予定額」を表示する意味がありません。

配当予定額は「もろもろ結果、現時点で支払いが予定されている金額」という意味にも解釈ができます。
しかしそれでは投資した人にとって投資状況を把握する上であまりにも意味のない表示になってしまいます。

本来支払われるべきであった「配当予定額」を表示した上で、実績として「確定配当額」を表示してほしいですね。

 

遅延したSBISL不動産バイヤーズローンファンドの返済状況は?

SBISL不動産バイヤーズローンファンドで遅延が発生してからもうすぐ二カ月が経ちます。
「<進捗2>SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の貸付債権の一部回収について」以来、進捗報告がありません。
(2018年07月30日のお知らせより)

最終の報告から一か月程が経ちますのでそろそろ新しい報告がされるでしょうか?
返済を急ぐあまり、せっかくの担保不動産を安売りしては投資家元本に毀損が生じる可能性が高いです。
多少の時間はかかってもSIBSLの高い業務能力で適切な額で売却を進めて返済をお願いしたいです。

ただし、売却が返済が完了していなくても進捗状況や対応状況については定期的に連絡がほしいですね!

ソーシャルレンディング最大手のマネオが現在のような状況に陥っている中、SBISLが今後のSL業界を牽引すると考えています。
SL投資の健全な発展に向けてSBIソーシャルレンディングには今後も頑張って頂きたいと思います。

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

 

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ