COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

TATERU fundingの評判は? 優待サービスに申し込み!対象ファンドと出資枠は?

TATERU fundingの評判は? 優待サービスに申し込み!対象ファンドと出資枠は?



Tateru fundigが優待サービスの受付を今回も実施

ソーシャルレンディング業界が様々な悪いニュースで不穏になる中、Tateru Fundingの申し込みは先日もあっという間に満額となりました。最近のTateru fundingの人気の向上ぶりは凄いですね!

管理人もTateru fundingの案件の安全性は他社と一線を画すと考えており、積極的に投資しています!

「Tateru Fundingに申し込みたいけどクリック合戦が大変!」
「優待サービスの対象案件や出資枠はどれくらい?」

そんな疑問をお持ちの方に今回は管理人も実際に申し込んだ優待サービスについて紹介します(^^)/

 

今回の優待サービスの対象ファンドは?

今回の優待サービスの対象ファンドは「キャピタル重視型第31号~第39号ファンド」の全9ファンドの中から選抜されます。
いつもならば「全9ファンドのうち、 厳選した6ファンド…」のように数件が選抜されます。

しかしながら今回は第31号~第39号ファンドの全てが優待サービスの対象でした。

全てのファンドが厳選されたオススメの案件ということでしょうか?

Tateru Fundingでは優先サービスの枠も含めて申し込みの競争が激化しています。
優待サービスの対象者としてはファンドが増加することは申し込みの難易度が低下する点ではうれしいです。

しかしながら今回の処置は優待サービスの対象者へのサービスではないと管理人は考えています。
推測になりますが優待サービスの対象ファンドを増やすことでTateru Fundingは下記のようなメリットを得たいのでは?

 

・優先出資でファンドの募集額のある程度の割合を確定させておきたい
・100口以上に限定される申し込みを募り、投資家総数の削減により手続きにかかる費用を削減したい

 

Tateru Fundingの案件は他のSL業者に比べて安全性が高いと思っています。
それでも各案件の人気は担保不動産や利回りによって当然異なります。

申し込み開始直後の出資額の積み上がりスピードが渋いと、不人気案件と投資家に判断されて満額に達しない可能性もあります。
この点、優先出資で数割程度申し込みが埋まっていれば、そのような状況がさけることができます。

続いて2点目について考えます。
Tateru fundingの申し込み完了手続きはWebではなく紙ベースになります。
手続き書類や事業説明のDVDを投資家全員に送付する必要があります。

そのため1人1万円(一口)で100人の申し込みがあるより、1人の投資家が100万まとめて申し込みをしてくれた方が手続きの費用や管理の面でTateru fundingにメリットがあります。

管理人の考えすぎでしょうか?^_^;
せっかくの優待サービスなのでオススメするファンドはしっかり吟味していただきたいと思います!

優待サービスの出資枠はどの程度なのか?

優待サービスの出資枠はどの程度なのでしょうか?
これは通常募集時の各案件の募集口数を確認すればある程度は判断可能です(^^)

先日募集があった「キャピタル重視型 第32号TATERU APファンド 」の募集内容を例に見てみましょう。
以下Tateru fundingの募集時のメールより抜粋(赤字部分は管理人が強調しました)

物件名  :キャピタル重視型 第32号TATERU APファンド
所在地  :兵庫県尼崎市御園三丁目517番4(地番)
運用物件 :木造アパート1棟(9室)
竣工月  :2018年10月(予定)
運用期間 :2018年8月1日 ~ 10月31日
募集期間 :2018年7月6日(金) 18:00 ~ 7月8日(日) 19:00
       ※先着順により、募集枠がすべて埋まった時点で募集終了となります。
出資総額 :110,000,000円
募集総額 :77,000,000円
募集口数 :7,700口(1口10,000円)
予定分配率:年利4.6%(税引前)
申込手数料:なし
途中解約 :可能
       ※ただし、利益分配金は計算期間末日時点の出資者に支払われます。
解約手数料:なし

出資総額に比べて募集総額が3400万少なくなっているのが分かるかと思います。
これが優待サービスの申し込みによる出資額と考えていいのではないでしょうか。

優待サービスの出資は100口からです。
多くとも34人の投資家が既に出資済みということになりますね!
もちろん3400万円出資する強者1人の可能性もあります…。

管理人も申し込みました!今後はWebサービスに変更して欲しい

業者リスク低減が最重要のソーシャルレンディングですが、当然投資する案件を分散することもリスク低減に重要です。

そのため私は1案件に100万円投資するより、複数の案件に分散してTateru Fundingに申し込みをしてきました。
しかしながら最近の急激な人気向上で前回はクリック合戦に敗退…申し込みができませんでした。

そのため今回は優待サービスを利用して既に出資を完了済みです!

複数案件に申し込むと書類作成が大変なことも優待サービスの利用を後押ししました。
全ての書類に手書きのサインや住所、押印が必要なため5案件に分散投資すると大変です!

Tateru Fundingには引き続き安全性の高いファンドに注力していただきたいのに加えて、手続きの簡素化やWebサービスへの変更をお願いしたいです!

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ