投資結果報告!CRE物流ファンド6号羽生に投資できたのか?今後の新規案件にも期待【PR】

投資結果報告!CRE物流ファンド6号羽生に投資できたのか?今後の新規案件にも期待【PR】



キャッシュバックキャンペーン対象ファンドであるCRE物流ファンド6号羽生の募集開始

コロナ禍の影響なのか、2020年半ばからソーシャルレンディング業界では新規参入企業の増加が減ったように思います。
一方、既存の企業においては不動産投資型クラウドファンディングを中心に案件の募集は続いてます。
以後、SL=ソーシャルレンディング 不動産CF=不動産投資型クラウドファンディング

 

 

今回はCRE Fundingの新規募集ファンド、第6号案件の投資応募結果とシーアールイーの公募について報告です。
上場企業関連の不動産CFに興味がある方は是非ご覧ください(^^)/

「CRE FundingのCRE物流ファンド6号羽生の投資結果は?」
「CRE Fundingの今後の新規ファンドは?」
「シーアールイーの公募の内容は?」

 

 

 

コロナ禍の影響で多くの企業の長期的な業績の悪化が懸念されています…。
逆にリモートワーク関連や製薬関連など一部のセクターは現況が追い風となって株価が上昇しています。
しかし大部分の企業は自粛による消費落ち込みで苦しい状況となっています。

 

このような市場環境において資産の多くを株式に集中して一気に投入することはリスクが高過ぎると考えています^_^;
私は米国株・ETFの積立て投資は継続していますが…個別銘柄の一括投資は控えています。

 

 

そのため株式投資にまわさない資金が余剰資金として銀行口座に眠ることになります…。
今の時代は銀行金利はほぼ0%なので生活資金の確保以外に魅力は感じません!
そこで私はSL、特に不動産CFで運用して資産増加に努めています(^^)

 

 

 

 

ここ数年のアベノミクスや米国株の上昇で株式投資の人気が高まっています。
しかし本来は株式投資はハイリスク・ハイリターンな投資法であることを忘れてはなりません!

キャッシュはもちろん債権や金など複数の資産クラスに投資してリスク分散することがが重要な局面も多々あります。
不動産CFはミドルリスク・ミドルリターン投資として私は捉えています。
株式投資と違って日々の値動きがないことが最大のメリットではないでしょうか(^^)

 

そのため株価変動の幅が大きいコロナ禍の今だからこそ不動産CFの魅力が高まっていると考えています。
上場企業関連であるCRE Fundingの不動産CF投資に興味がある方は是非公式サイトで詳細を確認してみてくださいね(^^)/

公式サイト>>>
CRE Funding

 

 

 

 

 

CRE物流ファンド6号羽生が募集開始!投資応募の結果は?

さて今回はCRE Fundingの新規案件である「CRE物流ファンド6号羽生」の募集が7月21日に開始されましたね(^^)
既に別記事で紹介している通り、キャッシュバックキャンペーンの対象ファンドになっています!
そのため総合的な利回りが通常のファンドよりも上昇するため投資家の人気が集まることは必至と考えていました。

関連記事>>>
キャンペーン継続!CRE Fundingの第6号案件は羽生倉庫1号案件でキャッシュバック対象です【PR】

 

 

 

私は前回の5号ファンドで投資の申込競争に敗れたためかなり悔しい思いをしました((+_+))
この時点で既に投資資金の入金は完了しています。
今回も6号ファンドの申込みに向けてクリック合戦に挑む準備は万端です!

 

 

 

しかし…
結論から言えば今回私はCRE物流ファンド6号羽生に投資を実行することが出来ませんでした…!
うーん、正直これは投資計画からすると大きな誤算となりました((+_+))

 

 

 

準備万端で投資申込みのスタンバイしていたのですが…
残念ながら投資申込み開始となる2020年7月21日は火曜日で平日でした。
当然ながらサラリーマンの私は通常の業務日にあたります。

 

申込み開始時刻の 19:00には帰社するべく仕事に勤しんでしたのですが…
直前になって19時開始の会議がはいって状況は詰みました^_^;

 

会議終了後に一縷の望みにかけてCRE Fundingのサイトにアクセスしたものの…
既に募集は完了しており1口たりとも応募することはできませんでした!
実際に申込みがどれくらいの競争だったのか残念ながら分かりません。

 

6号案件は募集金額が5号案件に比べて大きく、多くの投資家が応募できる組成になっていました。
それでもあっという間に募集完了となっていることから当初の予想通り人気はかなり高かったようですね。
今後も投資家の要望に合わせて大型の案件も募集があることを期待しています(^^)

 

 

ちなみに先着申込み順のメリットは資金力によらず誰でも公平に投資申込みができる点です。
抽選型では資金が多い方が申し込める額が大きく、制度にもよりますが有利になりますね(^^)
(例えば部分当選がある制度であれば、100口申込みの方が1口申込みよりかなり有利ですよね。)

 

 

資金力勝負になりますが、今後は抽選型のファンドが導入されれば勤務時間等を気にせずに応募することができます!
サラリーマン投資家投資家としては先着順・抽選型の両方があると便利になりますね。
CRE Fundingにおいても今後、抽選型のファンドが登場することを期待しています。

 

 

 

次回のCRE Fundingの新規案件は?シーアールイーの公募発表から今後の事業拡大に期待

羽生倉庫1号のCREアライアンス投資分のリファイナンスは既に完了

さて6号案件の募集が完了して間もないですが次はどんな案件がくるのでしょうか(^^)?
投資申込みができなかった私はとても気になっています。

 

次の7号案件も羽生倉庫1号に関するファンドでしょうか?
しかし6号案件のスキームをよく確認してみましょう。

 

CRE Funding
参照:CRE Funding

 

 

既にCREアライアンスから調達していた7000万円すべてが6号案件でリファイナンスされています。
第1~4号案件の状況と比べてもこれ以上羽生倉庫1号に関するファンドは登場しないものと思われます( ゚Д゚)

 

 

したがって次の7号案件の投資対象は新たな物流不動産となると予想しています。
キャッシュバックキャンペーンが継続となるか分かりませんが…
アフターコロナの世界でも物流の重要性は変わりません。

 

今後も魅力的な物流不動産に関する不動産CF案件を期待しています(^^)/

 

 

 

東証一部上場シーアールイー (3458)が公募及び第三者割当による新株式発行を発表!さらに自己株式の処分並びに株式の売出しをあわせて発表しています

さてCRE Fundingに投資している方はCREグループの情報はチェックされているかもしれませんね(^^)
実は2020年7月に東証一部に上場しているシーアールイー (3458)が公募増資等を発表しています!

 

今回のシーアールイーの公募増資(PO)の情報について確認しておきましょう。

シーアールイー (3458)のPO詳細

株式数:2,271,700株

株式数の内訳
①新株発行:957,900株
②自己株式の処分:714,300株
③ケネディクスへの自己株式の処分:348,700株
④オーバーアロットメント(OA)売出:250,800株

仮条件(割引率):4.0~6.0%
発行価格決定日:7月27日(月)~7月30日(木)のいずれかの日に決定
受渡予定日:8月4日(火)~8月6日(木)のいずれかの日

 

 

第三者割当増資やOA分も含めて合計で227万株もの増資となります。
希薄化率は9%程にもなり既存株主にはやや厳しい状況です^_^;

 

 

今回のシーアールイーの公募等による資金調達は30億円を越える規模となっています。
気になるのはその資金の用途ですね!

同社の説明によれば調達した資金は、販売用物流施設への建設費用等に充当する予定とされています。
この新たな物流不動産から新たなファンドが登場する可能性もあると私は想像しています(^^)

 

 

コロナ禍によりソーシャルディスタンスの重要性が高まり社会の在り方に影響を与えるに至っています。
ECサイトや出前など我々の日常生活でも買い物や食事の方法も変化が起きていますね。
このような環境変化において先述の通り「物流」の重要性はますます高まってくるものと想像しています。

 

 

今後もCRE Fundingには魅力的な物流不動産に関連する不動産CFのファンド組成に期待しています(^^♪
最近ではCRE Fundingの人気が高まってきており投資実行するのも大変になってきていますが…
上場企業関連の不動産CFサービスとして今後も主力の投資先の1つとして利用したいと思います。

 

CRE Fundingの利用方法等については下記の記事も是非ご覧くださいね(^^)/

関連記事>>>
キャンペーンのキャッシュバックが振り込まれました!CRE Fundingの入出金方法と手数料は?【PR】
FUELオンラインファンドの登録方法を徹底解説!CRE fundingなど上場企業系のソーシャルレンディングに投資【PR】

 

 

CRE Fundingの不動産投資型クラウドファンディングに興味が湧いた方は是非公式サイトでも情報を確認してみてくださいね!

公式サイト>>>
CRE Funding

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。