メルカリ(4385)の株価が下落…IPOから売れない?配当利回りと株主優待から今後の株価を予想してみた

メルカリ(4385)の株価が下落…IPOから売れない?配当利回りと株主優待から今後の株価を予想してみた



メルカリ(4385)のIPO以降の株価が気になる…最近の急落の原因は?

株価が下落してリスクオフのムードが高まっています。
これまではこういう時期に強気に買えば、その後に利益が上げれました。

今回の米中貿易戦争をきっかけとした株価の下落は一時的なもので終わるのでしょうか?

 

管理人クロノは変わらず日米高配当株と株主優待銘柄投資を継続しています(^^)
日産自動車など高配当株をすぐにナンピンしたくなりますが…なんとか我慢しています。

関連記事>>>
日産の株価がPTSで暴落中…決算発表で今後どうなる?配当と業績予想を確認!

 

本日はメルカリ(4385)の株価と今後の株価の予想についてまとめました。
IPOで当選して一度は株主になった銘柄なので引き続き株価を監視していますよ!

メルカリへの投資に興味がある方は是非ご覧くださいね(^^)

 

「メルカリの株価が再び下落!今後の株価はどうなる?」
「メルカリの株主優待と配当利回りは?」

 

 

メルカリの株価が急落!IPO以降の高値更新はいつになる?今後の株価を考えてみた

メルカリの株価が下落トレンドから反転!再び下落していくのか?

それでは早速ですがメルカリの株価について確認していきましょう(^^)
まずは直近3年間のメルカリの株価の変遷について参照します。

 

mercari
参照:SBI証券 メルカリの株価チャートより

 

IPO好きの方の記憶には新しいメルカリですが、上場は2018年です。
私もメルカリのIPOには当然参加しましたよ(^^)

関連記事>>>
注目のIPO、メルカリの当落発表!当選してお祭りに参加できるのか?

 

 

上場直後はメルカリも5000円前後で値動きしていました。
しかしその後はいいところもないままメルカリの株価はズルズルと下落を続けました。

2018年末には一時は2000円を下回ることまでありました。
上場来の株主にとってはきつい展開でした^_^;

 

しかしその後はやっとトレンド変換です。
株価は3000円前後まで戻り、レンジ相場となっていました。

 

しかし本日は突然の急落です…!
メルカリの株価は急落して-209 (-6.67%)となっています。
節目の3000円を下回り、安心できない値動きが続きますね。

 

 

メルカリの株価は買い時なのか?配当利回りや株価指数から考えてみた

株価の下落が続くメルカリですが現在の株価はお買い得なのでしょうか?
有名企業の株価が下がるとついつい欲しくなりますね( ゚Д゚)

現在の株価で配当利回りと株価指数を確認しておきましょう。

 

 

現在のメルカリの予想EPS(1株利益)は-86.7円です。
EPSがマイナスなのでPERは算出不可能です^_^;

 

PBRは7.16倍とかなり高値になっています。
メルカリの業態上、それほど大きな資産を保有する必要はありません。
とはいえ7倍を超えるPBRはどうしても割高感を感じてしまいますね。

 

 

メルカリの予想1株配当は0円です!
したがって配当利回りは当然ながら0%になります。

 

うーん、この株価指数と配当利回りは厳しいですね^_^;
私は割安な高配当銘柄投資の長期配当再投資をメインの投資スタイルとしています。
現状では再びメルカリの株主になる気が中々起こりませんね…。

 

メルカリの株主優待は?優待利回りが高ければ無配当でもOK?

さて配当金が0円、無配当のメルカリですが株主優待はどうでしょうか?
配当が低くても優待が魅力の銘柄は多くありますね(^^)

関連記事>>>
武田薬品工業(4502)の株価が下落!配当金利回りと株主優待から今後の株価を予想してみた
千趣会(8165)の株価が下落から反転?ベルメゾンの株主優待券が魅力なので端株を購入してみた

 

残念ながら現在の所、メルカリは株主優待を実施していません!
運営するメルカリで手数料割引などがあれば人気優待になりそうですが…。

 

将来的には株主優待の導入も考えられますが、現状そのようなニュースはありません。
メルカリは株主優待の利回りも0%ということになります!

 

スタートアップ企業など今後の高成長が期待される企業では無配当もあります。
メルカリの場合もこれからの急成長に向けて利益は全て投資にまわしたいという所でしょうか?
投資とは別にメルカリの戦略はサラリーマンとしては興味深いです(^^)

 

 

 

今後のメルカリの株価はどうなる?業績予想とニュースから考えてみた

メルカリの次期の業績予想は?売上高の増加修正で株価は上昇するか

株価チャートや株価指数からは厳しい印象のメルカリの今後の株価です。
しかし長期でみれば株価は企業業績に沿う形で推移するはずです。

メルカリの業績発表内容から今後の値動きを考えてみましょう(^^)

 

2019年度の業績予測が5月9日に修正が発表されています。

 

mercari

参照:通期連結及び個別業績予想に関するお知らせ

 

売上高が357億円の予想から500~520億円に大幅に増収修正ですね!
メルペイ事業と米国メルカリ事業が順調なことが業績修正の理由なようです。

新規事業で業績が大きく変動するあたりがまだまだ新興企業としての雰囲気を残しています。
赤字からの急激な業績回復が見えてくれば株主にとっては一安心ですね。

 

多彩な決算方法で覇権争いが激化しています。
メルペイ事業の今後が同社の行末を大きく握りそうな予感です。

 

 

メルカリの株価急落はトレファクとAmazonの連携が原因なのか?

さて業績予想の増収修正など比較的良好な状況なメルカリでした。
しかし上述のようにメルカリの株価が突如大きく下落しています^_^;

理由を調べていたところ、競合の動きが原因とのニュースがありました。

参照:メルカリ株価が急落 リユースのトレファクとAmazonの連携で競争激化懸念か

 

リユース事業で競合となるトレジャーファクトリー(トレファク)がAmazonとの提携を発表したようです。
不要品の買取をAmazonから申し込めるという興味深い連携です。

確かに不要品販売でも落札者とのやり取りなど面倒なこも多いですね…。
Amazonが買い取って代金を支払ってくれるなら利用者にありがたい限りです。

 

 

リサイクル事業にしても決済事業にしてもメルカリの参入事業は群雄割拠な状況です。
この競争を制してトップ企業としての地位を固めれば大きな成長が望めます。

しかし力を持った企業連合の争いの結果を一介の投資家が正確に予測することは困難です…。
メルカリに投資するならハイリスク・ハイリターンを覚悟しなければなりません^_^;

 

このまま株価が下げて低位株となれば夢を持って1000株単位での購入も検討してみようかな。
引き続きメルカリの株価と経営を監視したいと思います。

 

 

管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。

単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。
一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。

株高状況や下落トレンドでは一括購入のリスクもあるので上手く端株投資を利用したいですね(^^)
これまでは端株投資は手数料が高いのが最大の難点でした。

 

最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。
Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。
端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。

無料口座開設(公式サイト) SBIネオモバイル証券

関連記事>>>
SBIネオモバイル証券で端株投資がおすすめの理由を徹底解説!端株優待とは?

 

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ