ビジョン・ファンドにIPO検討の報道!ソフトバンクグループ、孫正義氏が投資する企業とは?

ビジョン・ファンドにIPO検討の報道!ソフトバンクグループ、孫正義氏が投資する企業とは?



ソフトバンクグループのビジョン・ファンドに新規株式公開の報道がありました

例年同様に5月はIPO銘柄が少なくて寂しいですね^_^;
滅多に当選することがないIPOですが、利益が得られる可能性が高い手堅い投資法です。

最近ではアベノミクスによる株高でいずれのIPOも好調な初値形成となることが多いです。
そのためここ数年でIPO参加者が一気に増えている印象ですね。

 

IPO絶好調の近年では多くの大型IPOが実施されて話題を呼びました。
中でも2018年末に上場したソフトバンクのIPOは多くの個人投資家が参加しました(^^)

関連記事>>>
ソフトバンクのIPO:上場時の初値は公募割れ…今後の株価は展開はどうなる?

 

しかし残念なことに結果はまさかの公募割れ…その後も株価は芳しくない状況です…。
個人投資家の中にはソフトバンクの上場以降はIPO投資をやめた方もいるのではないでしょうか?

 

 

そんな中、新たにソフトバンクグループからIPOの報道がありました!
ソフトバンク・ビジョン・ファンドが大型IPOを検討しているというニュースですね(^^)

今回はIPO愛好家としてこの報道記事を確認してみました。
規模や出資社など現在分かる範囲で簡単にですが調べてみましたよ。

 

まだまだ情報は不透明ですがIPO好きな方は是非ご覧ください。

「ビジョン・ファンドにIPO検討の報道!その中身は?」

 

 

ビジョン・ファンドにIPO検討の報道!ソフトバンクグループの反応は?

ソフトバンク・ビジョン・ファンドのIPOの規模がとんでもないことに!

GW真っ最中の中、久しぶりにIPO関連の報道がありましたね(^^)

ニュースの発信元は米紙ウォールストリートジャーナルです。
ブルームバーグが参照してネットニュースを配信しています。

参照:SoftBank Mulls IPO for $100 Billion Vision Fund, WSJ Says

 

ブルームバーグの記事によればソフトバンクグループが投資ファンドであるビジョン・ファンドのIPOを検討しているとのことです!

 

驚きはそのIPOの金額です!
なんとその規模は1000億ドルのレベルが想定されているとのことです。
日本円に換算すると現在のレートで11兆円を超える金額です…^_^;!

 

ソフトバンクの上場時も東証1部上場の大型案件でした。
その時は想定価格である1500円で計算すると、想定時価総額は7兆1千億円、吸収金額2兆6千億円程度でしたね。

実際の吸収金額がいくらになるか分かりませんが、時価総額はソフトバンクの1.5倍です…。
もはや金額が大きすぎてピンとこないレベルです。

 

そもそもビジョン・ファンドがIPOを日本市場で実施するかも不明ですね?
個人的には大型IPOは持ち上がるので是非とも日本でも公募を実施して欲しいものです。

IPO投資家の皆さんと一緒にソフトバンクの公式コメントを待ちたいと思います(^^)

 

ビジョン・ファンドはさらにオマーンに出資交渉中?あのアップルも出資しています

WSJの報道によればビジョン・ファンドはさらにオマーンに数十億ドルの出資を交渉中とのことです。
事案に詳しい不特定関係者によるコメントとのことですが…一体どこから漏れるんでしょうね^_^;?

ビジョン・ファンドは元々はサウジアラビア政府やアブダビなどの公共機関からも出資されています。
さらにあのアップルもSoftBank Vision Fundに出資していますよ!

参照:アップル、ソフトバンクの10兆円規模ファンドへの出資計画を認める

 

スポークスウーマンである小寺裕恵氏はこの報道に対してコメントを拒否したとのことです。
IPOも新たな出資交渉もソフトバンクやビジョン・ファンドにとっては一大事です。
簡単に公式コメントがでるようなものではありませんね。

しかし有力紙による報道ですし、全てが噂に基づく報道とはとても思えません。
規模感や出資の有無はともあれ、ビジョン・ファンドのIPOが検討されているのは事実だと考えています。

 

IPO報道のソフトバンク・ビジョン・ファンドはどんなファンド?投資先にはあのUberやNvidiaも!

さてIPO報道で一躍注目を浴びているビジョン・ファンドですがどんなファンドなのでしょうか?
ビジョン・ファンドは先に挙げた出資先などから1000億ドル規模の運用をする巨大ファンドです。

ビジョン・ファンドはソフトバンクグループの成長し続ける会社にするための戦略の一環です。
潤沢な資産を武器に次世代の世界的な企業を見出し投資することを目的にしています。

 

孫正義氏といえばその慧眼で投資による大きな利益を上げていることで有名ですね。
ビジョン・ファンドはあの自動車配車サービスで有名なUber(ウーバー)に投資していることで知られています。
Uber以外の企業への投資には、ARM、Nvidia、Flipkartなどがあります。

 

一方で、ソフトバンクはNvidia(エヌビディア)株を全て全売却したことを発表しています。
ソフトバンクグループが持ち株会社として投資による利益を上げる方針であることを明確化していますね。
AI戦略としてNVIDIAと共同事業などを考えていると思っていたので意外でした(^^)

 

 

孫正義氏はソフトバンクグループを300年成長し続ける企業にしようと考えているようです。
同時の戦略は常人にはまねできないものがありますね…。

同氏の関連書籍を読んでいるといつもソフトバンクに投資したくなります。
株主優待が使えない状況なのですが気になるので1単元買うべきか悩んでします^_^;

created by Rinker
¥1,944 (2019/05/19 17:24:53時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>
ソフトバンクとソフトバンクグループの株価が暴落から回復?自社株買いで今後の株価の予想は。

 

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ