COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

令和であがる銘柄の株価は?新元号の関連銘柄は何か?改元で特需のある産業を考えてみた

令和であがる銘柄の株価は?新元号の関連銘柄は何か?改元で特需のある産業を考えてみた



時代が平成から令和にかわります。令和関連銘柄はあるの?

本日はついに新元号の発表がありました。
次の時代は「令和」になります。

お昼時だったのもありますが、職場も盛り上がりましたね(^^)

 

さて改元があると株価はどうなるのでしょうか?
本日は新元号である令和の発表もあったせいかご祝儀相場で日経平均は大幅躍進です。
終わり値は+303円と久しぶりの大きな上昇でしたね!

 

株式市場は時々業績とは別に思惑により上昇することがあります。
関連銘柄の連想買いなどがそれにあたります。

今回は改元のビックニュースですが令和関連銘柄はあるのでしょうか?
中々あることではないので改元による特需がある業種を考えてみました。

 

「令和関連銘柄は?」
「改元で特需のある産業は?」

 

令和への改元。どんな業種が関連銘柄で値上がりするのか?

平成から令和への改元で特需の筆頭になる関連銘柄は紙産業か?

令和という新元号の名称そのもので連想買いされる銘柄は少ないかもしれません。
しかし改元によって特需がある産業があるのは確かでしょう。

元号は身近なところで利用されるので、改元によって新製品に変える必要があるからです。

 

改善で最も想像しやすいのは紙産業ですね(^^)
日本特有かもしれませんが未だに役所などの書類では元号を選ぶ必要があります。

 

やはり紙関連作業は軒並み本日の株価が好調だったようですね。

 

reiwa

 

正直紙産業に疎いため、実際のところ改元によりどれくらいの利益があるのか想像がつきません^_^;
一定の特需はあるんでしょうが、改元がレアな現象すぎて想定しずらいですね。

 

その他の改元銘柄は?もはや連想買いによる投機です

実際の所は企業の収益にどの程度関与するか不明のまま連想買いであがる銘柄もあります。
このあたりはもはや投資ではなくて投機の世界ですね^_^;

一見もっともらしい理由をつけることは可能です。
しかし既に新元号が発表されまでに、改元特需による収益上昇は株価に織り込み済みのはずですね。

 

紙産業に加えて印刷産業やシステム関連の銘柄もある程度は利益上昇が見込めそうです。
しかし専業トレーダーはともかく、サラリーマン投資家が投機に参戦するのはリスクが高いです。

改元による特需の影響を冷静に見極めて投資するように気を付けましょう!

 

既に新元号である令和の発表を受けて、社名に令和を入れて変更した会社もあるようです^_^;
大会社では中々ないでしょうが、時代の変わり目は面白いことが沢山ありますね。

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ