東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

Fundsが新規ファンドを募集!東証二部上場のデュアルタップへの貸付ファンドが魅力的

Fundsが新規ファンドを募集!東証二部上場のデュアルタップへの貸付ファンドが魅力的



Fundsの貸付ファンドへの投資の魅力が高まっています

昨年からソーシャルレンディング投資へ逆風が吹いてますね。
みんなのクレジット問題を皮切りに様々な業者で償還遅延などの諸問題が勃発しています。

最近ではトラストレンディングの事件が大きな問題となりました。
免許取り消しという重たい処分が下されたものの投資家保護の観点からは対応が不十分です。

関連記事>>>
トラストレンディングの評判はどうなる?役員の解任に加えて損害賠償請求訴訟も提起

 

ソーシャルレンディングの情報公開制度の仕組み自体が様々な問題を引き起こす原因となっています。
これに対して改善や対応が進んでおり、公平な投資環境が整いつつあります(^^)

 

一方、ソーシャルレンディングの仕組みの改善に先んじてFundsのサービスが注目を集めています。
Fundsの案件では貸付ファンドという投資でソーシャルレンディングのメリットを活かして、デメリットが軽減されています。

株式投資も魅力ですが、株高の状況では資産の多くを株式で保有するのはリスクが高いです。
しかしキャッシュとして銀行に預けるくらいならば、手堅い投資で運用したいものです。

 

私は現金資産を活用して株主優待投資やIPO投資に取り組んでいます。
しかし株主優待投資は生活がお得になる節約には強力ですがキャッシュが増えません。
またIPO投資は最近は人気が高騰して中々当選することが難しい状況です^_^;

 

やはり安定的に資産を増加させる上でソーシャルレンディング投資は魅力的なんですよね。
一部の業者が問題を起こしたため、かなり投資熱は下がりましたがポートフォリオには組み込みたいです。

そのため私はFundsの貸付ファンドにはかなり注目しています!
資産運用はしたいけど株式投資のリスクは許容できない…そんな方は是非ご覧ください(^^)

 

「Fundsが新規ファンドの募集を告知!東証二部上場のデュアルタップへの貸付ファンド」
「デュアルタップ(Dualtap)はどんな企業?」

 

ソーシャルレンディングは確かに簡単です。
投資を実行したら後は待つだけで分配金が貰えます!

しかし…投資にはリスクがあるのが当たり前です。
各ファンドの善し悪しを判断するために一度は勉強することを強く推奨いたします(^^)

 

 

Fundsの新規ファンドは東証二部上場のデュアルタップへ投資する台東区XEBECファンド

Fundsの投資ファンドは上場企業への貸付で安全性の高さが魅力です

さて、そんな注目を集めているFundsの貸付ファンドですが案件はあるのでしょうか?
実際には新規案件が出ても人気が凄すぎて中々投資するのが難しい状況です^_^;

今回は久しぶりにFundsが新規ファンドの募集を発表しましたよ!
早速内容について確認していきましょう。

 

今回のファンドは、東証二部上場の株式会社デュアルタップに対する投資です。
さらにデュアルタップが連結子会社である株式会社Dualtap Property Managementに対して貸付を行います。

借入金を原資として物件を購入後、運用益でデュアルタップ社に返済する予定です。
投資家への分配は、デュアルタップ社が受け取る利益を原資とします。

Funds

 

投資である以上、Fundsの貸付ファンドももちろんリスクはあります。
しかし他のソーシャルレンディング同様に元本が毀損する可能性は株式投資より低いと考えます。

またソーシャルレンディングと違い投資する企業が明らかとなっています。
今回は東証二部上場のデュアルタップが投資先であり、詐欺のようなファンドである可能性が低いです。

 

上場企業のように立場がある会社であれば、株主や世間体を無視してコンプライアンス違反はできません。
これまでのソーシャルレンディングであったような、貸付先の居直りは抑制されていると期待できますね(^^)

 

デュアルタップの新規ファンドは再びXEBEC(ジーベック)への投資案件

今回の新ファンドは前回同様にXEBEC(ジーベック)の物件です。
当物件は前回のファンドの対象であった台東区浅草エリアの物件の上層階の一室のようです。

Funds

XEBECは「東京23区」「最寄り駅から徒歩10分以内」を開発基準としたマンションです。
オートバスやオリジナルのシステムキッチンなど人気の設備を取り入れて好評なようですね(^^)

ソーシャルレンディングでは償還までの期間が1年以内と短いものが多いです。
そのため投資対象となる不動産はやはり高くても人気があるものが魅力的です。
いざという時にもそれなりの金額で売却できることを期待できます。

 

 

今回の物件は浅草駅から徒歩10分圏内に位置しているようです。
浅草駅なら東京駅など都心へのアクセスも良好で人気のエリアになりますね(^^)

物件の概要に関してもFundsの案件では明らかになっています。
築10年以内で浅草駅に徒歩5分…住んでみたいものですね!

 

物件概要

交通:東京メトロ銀座線 / 浅草駅 徒歩5分、つくばエクスプレス / 浅草駅 徒歩10分
構造:鉄骨鉄筋コンクリート陸屋根13階建
延べ床面積:964.51㎡
全体戸数:29戸
築年数:約9.5年

参照:Funds 台東区XEBECファンド#2より

 

投資期間は12カ月で一般的なソーシャルレンディング案件の平均くらいでしょうか。
利回りは4.3%と若干低めに設定されています。

Fundsの案件はその仕組みからリスクも低く抑えているので利回りも当然下がります。
しかし銀行預金などに比べればはるかに高利回りであり、ポートフォリオに組み込む価値は十分あると思います(^^)

関連記事>>>
ソーシャルレンディングの比較ブログで高評価!おすすめのFundsが新案件を発表しました

 

デュアルタップの株価が乱高下中!直接投資するのとどちらがお得?

デュアルタップの株価は変動が大きい…リスクが大きい銘柄です

上場企業への貸付ファンドが魅力なFundsですが、直接的な株式投資とどちらが魅力なのでしょうか?
もちろんソーシャルレンディングでは株価のように価値が変動しないのがメリットです。

しかし長期間換金性の悪いファンドに投資するならば、直接株式投資するのも一手です。
今回は貸付先であるデュアルタップへ投資した場合と比較して考えてみました。

ますはデュアルタップの直近3年間の株価の変遷を確認しましょう。

 

Funds

参照:SBI証券 デュアルタップの株価チャートより

 

デュアルタップは2016年に上場した比較的新しい上場企業になります。
IPO価格は1000円以下となりましたが、2018年には急騰して一時は2000円を上回るまでになりました。

しかしその後は株価のトレンドは大きく変換し、完全な下落トレンドです…。
株価は大暴落して2018年末には500円を下回っていました^_^;

 

現在は少し回復したものの株価は600円台で燻ぶっています。
デュアルタップの株価は業績の変動以上に大きく動く傾向があります。

サラリーマン投資家が一度投資したら安心して持てるタイプの銘柄ではないですね。

 

デュアルタップの株価は割安?Fundsへの投資とどちらを選ぶべきか

現在のデュアルタップの株価で予想PERは11.3倍、PBRは1.37倍です。
株価指標の値自体はそれ程は高いとは言えないです。
しかし業態を考慮すると安くはなく、少し高めにあると私は考えています^_^;

 

予想1株配当は13円、年間配当利回りは2.07%です。
なんと…Fundsの利回りのおよそ半分しかありません!
ちょっとこれは個人的には驚きですね。

リスクの高い株式投資をしても利回りがFundsより低いのでは困ります…。

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ