COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

アンジェス(4563)の株価は?新薬承認のIR発表でPTSの株価も急上昇中!今後の決算や株価予想は。

アンジェス(4563)の株価は?新薬承認のIR発表でPTSの株価も急上昇中!今後の決算や株価予想は。



アンジェス‐AnGes(4563)の株価が「コラテジェン」承認で急上昇中!

先日のサンバイオショック以来、暗いムードのバイオ株に凄いニュースです。
アンジェス(AnGes)の遺伝子治療薬「コラテジェン」が国内承認の了承を受けました(^^)

バイオベンチャーにとって新薬承認による影響は計り知れません!
逆に承認を逃した際のショックは大きくサンバイオの株価は大きく下落しました…。

関連記事>>>
サンバイオ(4592)の株価がPTSで大暴落中…IRのSB623の治験のニュースで株価はどうなる?

 

今回はアンジェスで承認された新薬のニュースの中身を見てみます。
株価の動きや決算への影響も合わせて考えてみます。

急騰する株に安易に飛びつくのは危険なのでよく考えて投資したいですね^_^;

「アンジェスの新薬承認IRで株価はどうなる?PTS株価が急騰!」
「アンジェスは実は株主優待を実施しています」

 

ハイリスク・ハイリターンのバイオベンチャー投資…夢がありますね!
株価が安いうちに宝くじ気分で買いたくなる時もあります。
ベンチャー投資も当てずっぽではなくしっかり勉強すれば可能性があがりますかね。

 

アンジェスの株価がストップ高!新薬のIRでPTSの株価も上昇中。

アンジェスのHGF遺伝子治療薬(AMG0001)が国内承認を了承

アンジェスが新薬承認のIRニュースを発表しました!
新薬創出が難しくなっている時代にこれは驚きの偉業ですね。
会社の規模だけでは創薬力は測れない一つの良い例ではないでしょうか?

 

アンジェスの新薬はHGF遺伝子治療薬(AMG0001)です。
承認内容についてIR発表の内容を確認してみましょう。

アンジェス株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:山田英、以下当社)は、重症虚血肢
を対象としたHGF 遺伝子治療薬※1※2の開発を進めてまいりましたが、2019 年2月20 日、厚生労働省
薬事・食品衛生審議会 再生医療等製品・生物由来技術部会にて審議され、条件及び期限付製造販売
承認が了承されました。今後、正式に承認を得られれば国内初の遺伝子治療用製品となります。

参照:国内初の遺伝子治療用製品として HGF 遺伝子治療薬の国内承認について(抜粋)

 

今回承認が了承されたのはアンジェスが2018 年1月22 日に製造販売承認申請を行っていました。
その時から少しずつアンジェスの株価が賑わっていました…。
ここにきて国内承認の承認が得られて本当に良かったですね(^^)

 

ただし今回は「条件および期限付承認」です。
IR発表の内容によれば以下の二点が5年以内を期限に条件として課されています。

①重症化した慢性動脈閉塞症に関する十分な知識・治療経験を持つ医師のもとで、創傷管理を複数診
療科で連携して実施している施設で本品を使用すること。
②条件及び期限付承認後に改めて行う本品の製造販売承認申請までの期間中は、本品を使用する症例
全例を対象として製造販売後承認条件評価を行うこと。

 

アンジェスの株価が新薬承認で急上昇!PTS株価の上昇もまだ止まりません

それでは続いてアンジェスの株価の動きを確認してみましょう。
まずはアンジェスが上場して以来、20年間のチャートを見てみます。

 

AnGes

参照:SBI証券 アンジェスの株価チャートより

 

バイオベンチャーが上場する際は大抵大きな期待のもとに株式が公募販売されます。
アンジェスもその例にもれませんでした・・・。

上場後に期待で株価は急騰して一時は5000円を超えていました。
先日のサンバイオもそうですが、過度な期待でありえない時価総額まで株価が上昇したりしますね^_^;

 

しかしその後は現実のアンジェスの経営状況に合わせて株価が長期の下落に落ち込みます。
10年以上、1000円以下の株価となり株主には苦難の時代が続きました。

時々急な高騰があっては再び下落するあたりがいかにもベンチャー株らしいですね。

 

 

新薬のIR発表で株価は急上昇です。
本日はストップ高で終値は735円で前日比プラス100円(15.75%)です。
国内初の遺伝子治療薬の承認とあって期待が大きいですね。

 

アンジェスの株価の上昇は明日以降も止まらなそうです。
PTS株価は885円でプラス150円(20.41%)でストップ高で張り付いてます。

まだまだ買い残があり、しばらく株価は上昇傾向が続きそうですね!

 

田辺三菱製薬 (4508)のPTS株価もアンジェスと連れ高!イスラエルのKamada社はどうなる?

今回承認されたアンジェスの新薬はアンジェスが販売するのでしょうか?
実はHGF 遺伝子治療薬(一般名:ベペルミノゲン ペルプラスミド)はアンジェスが直接販売しません。

 

重症虚血肢を含む末梢性血管疾患を対象に本剤は田辺三菱製薬株式会社が販売を担当します。
既に国内と米国において独占的販売契約を締結しています。

そのため今回の承認は当然ながら田辺三菱製薬の経営状況にも影響があります。
今後の業績上昇を期待してPTS株価が早速上昇しています。

 

現在のPTS株価は1607円でプラス48円(3.08%)になっています。
さすが大手製薬企業だけあってストップ高になるほどのインパクトはなかったようですね(^^)

 

ちなみにアンジェスのHGF遺伝子治療薬は海外でも提携が決まっています。

HGF 遺伝子治療薬の販売でKamada 社と基本合意 イスラエルを対象国

 

この基本合意でKamada社は国内承認後にイスラエルで独占的販売が可能になります。
今回の国内承認を受けて、イスラエルでも承認がされた場合は一時金として最大125 万ドルが支払われる予定です。

さらに発売後の累積売上及び年間売上に応じたインセンティブもあります。
一時金として最大285 万ドルに加えて同剤の製品供給による売上も得ることができます。
是非ともイスラエルで承認を取得して欲しいものですね(^^)

 

 

アンジェスの今後の株価は?業績予想は既に遺伝子治療薬の上市を見込んだもの!?

さて新薬承認で盛り上がるアンジェスですが今後の株価はどうなるのでしょうか?
当然株価が上がるのはアンジェスの利益が上がる期待からです。

利益があがれば1株利益(EPS)が上昇して、PERが下がります。
株価が上昇しても利益がきっちり上がればPERが上がらないということですね(^^)

 

 

それでは今回の新薬承認で今年の業績はどうなるのでしょうか?
先日の決算短信で2019年の業績予想の内容を見てみましょう。

AnGes

参照:アンジェス株式会社 2018年12月期決算短信〔日本基準〕(連結)

 

 

2019年の売上高は2018年比でマイナス45.1%の3億3千5百万円を見込んでいます。
あれ…マイナスですね^_^;?

ちなみに予想PERはマイナス28.58円です…。
2018年のPERがマイナス34.46円なので若干は上昇していますが、赤字予想です。

 

新薬承認による業績上昇をまだ入れ込んでいないんでしょうか?
しかしIR発表には下記の文言が記載されています。

 

なお、2019 年2月1日の決算短信業績予想でお知らせしたとおり、2019 年12 月期の業績予想につ
きましては遺伝子治療用製品の上市を見込んだものとなっております。

参照:国内初の遺伝子治療用製品として HGF 遺伝子治療薬の国内承認について(抜粋)

 

これから業績の上方修正がないとすれば2019年度も赤字のままです。
新薬承認は素晴らしいニュースですがアンジェスの利益にならなければEPSは変わりません…。

販売を担当する田辺三菱製薬の売上は上昇すると予想されます。
しかしアンジェスの業績に変化がないならば株価の上昇と釣り合いません…。

 

承認を受けて今後、提携各社との契約見直しやマイルストーン収入による上方修正が待たれます。
赤字のまま株価だけ上昇すればいつか大きな崩壊も避けれなくなる可能性もあると思います。

単元株くらいの参入であれば宝くじ気分で楽しめるかもしれませんね(^^)
しかし人生に大きな影響を与えるのようなハイリスク・ハイリターン投資は安易にするのはお勧めできません…!

 

アンジェスは株主優待も実施しています!化粧品やサプリメントが割引で購入可能です

新薬承認のIRニュースで湧いているアンジェスですが株主優待も実施していますよ!
早速アンジェスの株主優待制度を見てみましょう。

アンジェスの株主優待制度の概要

権利月:年2回(6月および12月)
優待内容:「株主優待専用申込書」(2種類)

保有株式と優待内容
①100 ~ 999株:株主優待専用申込書(2種類)各1枚
②1,000 ~ 4,999株:株主優待専用申込書(2種類)各10枚
③5,000株 以上:株主優待専用申込書(2種類)各50枚

参照:アンジェスHP 株主優待制度より

 

アンジェスの株主優待は同社の製品が割引購入できる申込書が貰えます。
商品そのものが貰える優待なら嬉しいのですが…^_^;
割引購入型の優待の人気はちょっとイマイチですね。

なお本申込み書による注文は株主に限定されます。
また他の割引券等との併用や現金との引換えはできないようなのでご注意ください。

 

アンジェスのサプリメントは通販でも購入可能なのでまずは試してみたいですね。

 

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ