COOL(クール)がAmazonギフト券キャンペーン中(7/30まで)!!

SMBC日興証券のIPO優遇特典で当選確率が向上。実は既に資金勝負は始まっています!ステージ別抽選の優遇を受けるためには?

SMBC日興証券のIPO優遇特典で当選確率が向上。実は既に資金勝負は始まっています!ステージ別抽選の優遇を受けるためには?



SMBC日興証券でIPO優遇特典が開始します。制度の読み間違えに注意!

今年は1月に上場する企業もなかったためIPOが盛り上がりに欠けますね。
昨年末のソフトバンクのIPOの公募割れ以降、IPO投資も一時の過熱感がありません。

日本郵政の上場以来、IPO投資家が一気に増えてIPO市場は盛り上がっていました。
IPO投資は当選すればなんでもいいわけではないことが分かり、市場が冷静さを取り戻したのでしょうか?

関連記事>>>
ソフトバンクのIPO:上場時の初値は公募割れ…今後の株価は展開はどうなる?
ソフトバンクとソフトバンクグループの株価が暴落から回復?自社株買いで今後の株価の予想は。

 

さて、IPO好きな投資家の方ならご存知かと思いますがSMBC日興証券で制度変更がありました。
近々「IPO優遇特典」が導入されるようですね(^^)

私もIPO好きの投資家の端くれとして本制度に注目しています。
IPO取り扱うブログの多くもこの新制度を少し前から取り上げていますね!

 

私もIPOチェックで複数のブログを購読しています。
しかしいくつかの記事を拝読すると、SMBC日興証券のIPO優遇度について一部誤解があるように思いました。

ブログの主は分かっているかもしれませんが読者は勘違いしそうです。
今回はこの点を踏まえて、新制度になるにあたり私なりの投資スタンスを考えてみました(^^)

IPO投資が好きな方は是非ご覧ください。

「SMBC日興証券のIPO優遇特典とは?」
「既に特典優遇を受けるための闘いは始まっている!?」

 

IPOは抽選で外れれば割り当てが当然ありません…。
落選が続いて既にIPOに興味がなくなった方も多いのは無いでしょうか?

IPOセカンダリ投資は当選しなくてもどの銘柄でも仕掛けられます。
しかしハイリスクハイリターンなのでしっかりとした知識と投資スタンスが必要です。
IPOセカンダリ投資で短期での資産向上を目指す方は一度しっかりと勉強しましょう。

 

 

SMBC日興証券のIPO優遇制度のステージ制で当選確率が最大25倍に!

IPO優遇制度の開始でステージ制が導入!資金が多い方が有利な仕組みが追加されます。

IPO投資家にとってSMBC日興証券は外すことができない口座の1つです。
インターネット経由のダイレクトコースでも平等抽選があるのが魅力です。
SBI証券と違って資金の多寡によらないので誰でも平等に当選する確率があります。

 

ところがそのSMBC日興証券が新たなIPOの制度を新制することを発表しました。
新制度はあくまでこれまでの現制度に追加でダイレクトコース限定で導入されるものです。
案内によれば「IPO優遇特典」のサービスを2019年2月下旬以降に導入するようです。

 

それでは早速ですが新サービスの概要について確認してみましょう。

SMBC日興証券のIPO抽選、ステージ別抽選の概要

対象者:ダイレクトコース口座
ステージ:4つのステージ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)
判定時:毎月
判定基準:3つの条件
①新規口座開設(直近3ヶ月以内)
②預り資産残高
③信用取引建玉残高

・②預り資産残高、③信用取引建玉金額は、直近3ヶ月間の月末平均残高で計算する。
・②預り資産残高はバンク&トレード契約している場合、三井住友銀行口座の残高も合算する、

参照:SMBC日興証券 新サービス【IPO優遇特典】のお知らせ より

 

ステージ別の特典の詳細については後述します。

この制度の導入で新規口座開設者以外は資産の残高等でステージ分けされるようです^_^;
なお②の判定で勘違いすることがあるようなので後述します。

なおSMBC日興証券の証券口座以外に、三井住友銀行口座の残高も合算できます。
バンク&トレードを契約している方は有効活用しましょう!

 

IPO優遇制度のステージ制でプラチナステージなら当選確率は25倍になります

さてステージの判定基準は分かりました。
各ステージにおいて、どのようなIPO抽選の特典があるのでしょうか?

新制度は通常のIPOに落選したダイレクトコース口座のみを対象とします。
その後「ステージ別抽選」を行いますが、その際にステージ別に抽選票数に差があるようです。
それでは抽選数について確認してみましょう。

SMBC

 

一番下のステージであるブロンズになることでこの抽選に参加する1票を得ることができます。
ちなみにブロンズに到達しない場合はステージ別抽選には参加できず当選確率はゼロです^_^;

 

さらに一番上のプラチナステージでは25票も抽選の権利があります。
したがってプラチナではブロンズの25倍の当選確率があることになりますね。

プラチナステージになるには資産残高の場合、3カ月平均で5000万円が必要になります。
限られた方のみ各ステージに到達できるので、資格さえ得れば当選の期待が高まりますね!

 

SMBCの新IPO制度のステージ判定のための資産残高の判定はすでに始まっています

さて繰り返しになりますが、各ステージ判定の基準を確認します。
②資産残高や③信用取引建玉金額の直近3ヶ月間の月末平均残高等で判定されます。

それでは制度が導入される2月下旬や3月上旬のIPOにおけるステージはどのように判定されるのでしょうか?

 

実は先ほどの画像にさらっと記載がありましたが以下のように明言されています。

例えば、2019年3月に抽選が行われるIPOの場合
2018年12月、2019年1月および2月の直近3ヶ月間の月末平均残高等によりステージを判定いたします。

 

すなわち2019年1月末時点の残高等もステージ判定条件の対象となります!
制度が2月後半から開始することを強調して、この点を記載していない記事が多いようです。

新制度の発表が1月だったため、昨年の12月末の資産残高を調整した投資家はいないはずです。
したがってステージ判定に向けた闘いは2019年1月から始まっていますよ!

 

なおサービス詳細については、運用が開始される2月中旬以降にお知らせがあるようです。
そろそろ連絡があると思いますが楽しみですね(^^)

 

 

SMBC日興証券のステージ別抽選導入で新規口座開設者が有利に!管理人はどうする?

IPO投資家に大きなインパクトがある新制度の導入です。
SMBC日興証券のステージ制度はどのように攻略する方が多いでしょうか?

もしもまだSMBC日興証券に口座開設していない方は今がチャンスですね。
資産残高によらず、今なら口座開設だけでブロンズステージが確定するからです。

 

残念ながら私ははるか昔に口座開設済みです…。
上述のように3月のIPOで恩恵を受けるには資産残高や建玉の平均値が一定値を超える必要があります。

手持ちの資金にレバレッジをかけた信用取引ならより上のステージを目指すことも容易です。
しかし手数料やトレードを手間を考えると私は③信用建玉は考えていません。

 

弱小投資家ではありますが、②資産残高の平均値でステージの達成を目指します。
3月IPOでは2018年12月、2019年1月、2019年2月の月末残高で判定でしたね。

残念ながら私のSMBC日興証券の2018年12月の資産残高は100万以下です…。
普段はIPO抽選のためにSBI証券に偏っているのでSMBC日興証券にはあまり入れていません^_^;

 

 

しかし本制度がアナウンスされた後、2019年1月末にはしっかりと資産を移動しました!
2月にどれくらいの資産を残せるかは不明ですがブロンズは達成できる見込みです。

早く資産を増やして、ゴールドやプラチナを達成して有利にIPO投資に挑みたいです(^^)
私の場合はその資産があったら米国株を購入してしまいそうですが!

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ