東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

ソーシャルレンディングの比較ブログで高評価!おすすめのFundsが新案件を発表しました

ソーシャルレンディングの比較ブログで高評価!おすすめのFundsが新案件を発表しました



ソーシャルレンディングの比較ブログで高評価のFundsに注目!

ソーシャルレンディングは投資方法として新しいため近年多くの注目を集めています。
しかし一部の粗悪な業者のいい加減な対応で業界全体に暗雲が立ち込めています。

相次ぐ不祥事や不可解な支払い遅延でソーシャルレンディングを撤退する投資家も増えているのではないでしょうか?

 

私もソーシャルレンディングをはじめた頃の初期に投資した案件で最近損失が確定しました。
ラッキーバンクは現在一部の投資家が訴訟を起こすまでに至っています。

関連記事>>>
ラッキーバンク(Lucky Bank)の損失額が確定!債権譲渡で被害がどれくらい?確定申告で雑損申請します…

 

そんな逆風が強いソーシャルレンディング業界ですが業界再編が進んでいます。
今後は案件のリスクよりも業者リスクを重要視した投資が重要になるのは間違いありません。
上場企業が運営するサービスを中心に投資をシフトしすることをおすすめします。

 

最近では新サービスとしてFundsが注目を集めています。
こちらはソーシャルレンディング比較サイトを運営していたクラウドポートの新事業なります。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

 

Fundsはソーシャルレンディングのネタを扱うブログで軒並み高評価を受けています。
他のサービスと比較しても安定感が感じられますね!

 

今回はFundsが新たな案件を発表したので紹介します(^^)
やはり上場企業を対象とした貸付は魅力的ですね。

 

「Fundsが発表した新たな案件の内容は?」
「管理人クロノの投資スタンスは?」

 

ソーシャルレンディングはサラリーマンでも気軽に投資が可能です。
しかし投資である以上は他の投資法と比較してリスクを勘案する必要があります。

是非一度勉強して、ソーシャルレンディングで正しい投資を目指しましょう。

 

Fundsの新案件のリスクは?東証二部上場のデュアルタップへの投資案件

新ファンドはデュアルタップが連結子会社であるDualtap Property Managementへ貸付

Fundsのサービスの特徴は上場企業の貸付に対するファンドであることです。
今回発表されたファンドも東証二部上場のデュアルタップへの貸付ファンドになります。

それでは今回の案件の仕組みについて確認してみましょう。

 

Funds
参照:Funds ファンド概要より

 

今回のファンドではDualtap Property Management社が借入金を原資として物件を購入します。
購入した物件の運用による利益で親会社であるデュアルタップ社に返済する予定となっています。

投資家のへの分配金は、デュアルタップ社への利払い金・返済金を原資とする予定のようです(^^)

Fundsのサービスは通常のソーシャルレンディングと違って、借り手の情報が豊富です。
また対象が上場企業であるため他のサービスに比べて安心感が格段に高いです。

 

投資である限りは一定のリスクは確実に存在します。
しかし借り手が明らかであれば我々投資家もリスクを勘案して投資判断が下せますね!

 

上場企業への貸付ファンドに興味ある方は是非Fundsの利用を検討してみてくださいね(^^)

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

ソーシャルレンディングでXEBEC(ジーベック)ファンドに間接的な投資

今回のファンドも前回同様にデュアルタップにより組成されたファンドになります。
対象も前回同様にXEBECシリーズの物件になります。

 

XEBECは個人投資家に人気の資産運用型マンションになります。
今回のファンドで扱うXEBECの物件は台東区浅草エリアの物件になります。

 

今回の物件は東京メトロ銀座線「浅草駅」、都営浅草線「浅草駅」から徒歩10分圏内に位置しています。
XEBECは駅近の案件を中心としてマンションで投資家の人気を集めています。

 

今回も駅近の物件であり、それほど大きなリスクを感じられません。
実際の物件情報が明らかでないのは歯がゆいですがXEBEC物件という点で判断をする必要がありますね。

 

他のソーシャルレンディングと比較!Fundsの分配の仕組みは?

他の投資に比較してソーシャルレンディングのリスクは高いのでしょうか?
Fundsの案件の分配の仕組みと元本割れの場合について確認してみましょう。

 

既に述べたように今回のFundsの今回の案件は、Dualtap Property Management社が借り手です。
ファンド組成企業である親会社デュアルタップ社に対して利払い・返済をします。

Funds

 

そのため分配金はあくまでDualtap Property Management社のデュアルタップ社に対する支払いに依存します。
すなわち
XEBECシリーズの事業の成否とは直接連動しない仕組みになっています。

我々投資家は事業の成否リスクを背負うことがないのが最大の特徴ですね。
あくまで借り手と、ファンド組成した上場企業の業者リスクを勘案すれば良いことになります(^^)

 

 

本ファンドでは上場企業としてデュアルタップ社が絡んでいます。
子会社である借り手に対して経営・財務の健全性を維持するための指導及び管理に責任を負います。
今回は2回目ということもあり、今後もデュアルタップがファンドの主業者として登場しそうですね。

 

これまで無責任な返済遅延を起こしてきた業者は社会責任が欠けていました。
株主などステークホルダーがいないためやりたい放題だったのが正直な状況です。

一方で上場企業は株主をはじめ、多くの関係者から厳しい目が向けられています。
上場企業であるデュアルタップはいい加減な対応をすることは許されません。

 

最近ではタテルファンディングを運営するTATERUの不祥事が明らかとなりました。
しかし上場企業であるTATERUはラッキーバンクのようないい加減な対応は許されません。

実際私が投資したタテルファンディングは全てきっちりと償還されています。

関連記事>>>
TATERU(1435)の融資資料改ざん報道後も遅延なく無事全て償還!倒産危機はまだあるのか?

 

Fundsの案件も上場企業に対する貸付ファンドであるため一定の安心感があります。
少なくとも詐欺ともとれるような不誠実な対応はあまり想定しておりません。

投資である以上はリスクがあります。
現状の株高状況では株式投資もリスクがあるためソーシャルレンディングも投資対象に入れています。
バランス投資で今後も資産運用をすすめたいと思います(^^)

 

今回のファンドも私は投資予定です。
前回募集のファンドはあっという間に募集完了となっています。
クリック競争が苦手なので無事に投資が出来るか・・・頑張ります!

 

管理人クロノはクラウドポートのFundsに期待してます!

私は株式投資以外のリスクを下げた投資も組み合わせ資産運用しています。

今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)です。
上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです!
ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。

Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。

関連記事>>>
クラウドポートのFunds(ファンズ)で新たな資産運用、貸付投資が魅力的!ソーシャルレンディングとの違いは?

まだ実際のサービスは開始されていないですが、参加企業を見る限り初期案件はさすがに良さそうなものが揃えられていますね(^^)
まずは口座開設を済ませて、納得できる貸付投資の案件が出たら少額からはじめるのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>Funds

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ