今だけCREAL(クリアル)の夏のキャンペーンで現金プレゼント!

ソフトバンク(9434)のIPO申込みと当落結果。通信障害で上場後の株価はどうなるか?株主優待に期待!

ソフトバンク(9434)のIPO申込みと当落結果。通信障害で上場後の株価はどうなるか?株主優待に期待!



ソフトバンクのIPOの申込みが締め切られました

日米の優良銘柄投資で資産運用中の管理人のクロノです。
通常の投資に加えてIPOと株主優待も重要な投資手法になっています。

例年12月はIPOが多く承認するため、年末はIPO投資好きには最も盛り上がる時期です!
特に今年はソフトバンクという超大型IPOが予定されているため注目が集まっています。

 

ソフトバンクの上場に関してはテレビCMで流れるなど、普段投資をしない層にも影響を与えています。
ここまでIPOが一般に周知されるのは日本郵政以来ではないでしょうか?

今回はそんな大盛り上がりのIPO銘柄であるソフトバンクの記事になります。
普段はIPO投資に興味がない方も是非ご覧ください(^^)

「ソフトバンクのIPOの最終的な投資スタンスは?」
「ソフトバンクのIPOの当落結果は?」

 

なおソフトバンクのIPOの当落結果は12月10日の抽選日以降、順次更新して行きます。
後期型はもっと後になりますね。

 

ちなみに個人的には珍しく最近既にIPOに当選しているため、今年の運は使い切っていると思います。
12月のIPOラッシュで1銘柄でも当たれば御の字です!

関連記事>>>
VALUENEX(4422), バリューネックスのIPOで当選!チャレンジポイントと初値予想は?

 

ソフトバンクのIPOの仮条件は異例の1本値!管理人の投資スタンスは?

ソフトバンクIPOの仮条件が決定!仮条件に値幅がないため初値がさらに予測困難に…

今年のIPOで最も注目された銘柄と言っても過言ではないソフトバンクのIPOがいよいよ近づいています。
既に申込みは締め切っており、投資家はそれぞれの判断で申込みスタンスを決定済みですね。

ソフトバンクは言わずと知れた携帯電話などの通信事業を営む大手企業になります。
ソフトバンクグループの子会社になりますが、もちろんその企業規模は子会社とは言えない程凄いですよ。
日本中の誰しもが知っている企業という事に加えて、規模の大きさから注目を集めました。

 

それではまずは今回のIPOのスケジュールについて振り返りましょう。

ソフトバンクIPOスケジュール

仮条件決定日:11月30日
抽選申込期間 :12月3~7日
当選発表日 :12月10日
購入申込期間 :12月11~14日
上場日 :12月19日

ソフトバンクIPO概要
上場市場:東証一部(予定)
想定発行価格:1,500円
売り出し株式数:1,603,693,700株
①国内:1,427,287,400株
②海外:176,406,300株
オーバーアロットメント:160,369,400株

 

今回のソフトバンクのIPOの大きな特徴は仮条件が1500円の1本値となった点です!
通常はIPOの仮条件には値幅があります(1400~1700円など)。

仮条件に対して上限値で発行価格が決まれば今回のIPOに対する投資の需要が高かったと判断できます。
逆に中間値で決まれば需要が弱いですし、下限値などで決まった場合は相当弱気となります…。

 

しかし今回の募集ではまさかの1500円の一択です。
当然想定発行価格も1500円となりますが…投資スタンスを決める上で重要な参考データがないです^_^;
仮条件で値幅を設定しなかったのはソフトバンクの超大型IPOを売り切るための幹事証券会社の工夫でしょうか?

 

今回のソフトバンクのIPOの吸収金額は想定価格で計算するとおよそ2.6兆円にもなります。
時価総額に至っては7.2兆円ととんでもない金額となっています。

なお株価を想定価格の1500円と仮定した場合、今期の予想PERは17倍程になります。
決して高すぎる値ではありませんが、国策などで値下げを迫られる業種としては成長性の割に高いように感じます。

 

IPO投資は比較的リスクが少ない投資です。
通常の株式取引をしない方でもIPO投資はオススメです。
最低限の知識は必要ですのでブログや書籍で勉強してIPO資産運用について考えてみてはどうでしょうか。

created by Rinker
¥1,944 (2019/08/18 16:33:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ソフトバンクの上場前、親会社のソフトバンクグループの株価は?

今回のソフトバンクの上場で親会社であるソフトバンクグループの株価はどうなったでしょうか?
ソフトバンクグループの株価の変遷について確認しましょう。

 

softbank
参照:SBI証券 ソフトバンクグループ株価チャートより

 

ソフトバンクの上場で盛り上がり、思惑から株価は11,000円を超えるまでに至っていました。
しかし10月には株価が8500円程度まで急落する事態でした…。

ソフトバンクグループは値嵩株であるとこともあり、株価の動きが荒いですね。
今年になって政府主導で携帯電話料金の値下げが進められていることも影響が大きいです。

 

ソフトバンクグループは現在の株価で予想PERは11.9倍、PBRは1.7倍程度になります。
決して割高な株価水準ではないと思いますが、将来性を危惧されてこの指標に留まっています。
単なる携帯電話サービスにとどまらずソフトバンクグループには新規事業で大きく活躍して欲しいですね!

 

 

ソフトバンクのIPOの申込み状況と当落結果

それでは管理人のソフトバンクのIPOの申込み状況と当落結果についてまとめました。
IPOの当選発表は12月10日なので現時点では申込み状況の報告になります。

当選結果については明らかになり次第、こちらの記事に更新していきます!

ソフトバンクIPO申込みと当落状況

主幹事証券
SBI証券:参加補欠当選
野村證券:不参加
大和証券:不参加
SMBC日興証券:不参加
みずほ証券:不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券:不参加

幹事証券
岡三証券:不参加
東海東京証券:不参加
岩井コスモ証券:不参加
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
あかつき証券:口座なし
カブドットコム証券:不参加
岡三オンライン証券:不参加
ライブスター証券:不参加
楽天証券:不参加
GMOクリック証券:不参加
水戸証券:口座なし
西日本シティTT証券:口座なし
One Tap BUY:口座なし

 

改め見ると凄い幹事数ですね^_^;
私は口座を開設していませんが、今回はOne Tap BUYが初のIPO参加とういうことで注目を集めていますね。
当選株数も少ないですが、当選確率も上がるので今後はOne Tap BUYでのIPO投資も考えてみたいです。

追記
SBIは補欠当選でした。
相当な確率で当選できたようです…。

購入にはためらいもありますが、今年最大のIPO祭りに参加すべきか悩み中です^_^;

 

ソフトバンクIPOの初値はどうなるか?

公開規模の大きさや仮条件の1本値など異例なIPOとなるソフトバンクの上場です。
初値がどうなるか非常に悩まれた投資家の方も多いのではないでしょうか?

日本郵政の時もそうでしたが、ここまで大規模なIPOとなる初値の予想は非常に困難です。
個人需要が通常の投資層に限らず、普段投資に興味がない層まで投資しています。
IPO投資の基本である初値売りをIPO初心者層全員が仕掛けてくると危険ですね…。

さらにこの規模となると個人よりも企業の思惑(大人の都合)も影響が大きそうです。
幹事の証券会社勢はその威信にかけて公募価格は1500円以上にするべく仕掛けてくるでしょう。
またソフトバンクへの影響力を得ようとする企業勢による大きな買い注文が入れば面白いですね!

 

IPO初値向上のプラス要素はソフトバンク携帯の株主優待導入

プラス材料の1つとして、株主優待導入の期待があります。
ソフトバンクは携帯電話などの通信事業を営んでいますので、株主の携帯電話料金割引などが期待できます。
既に親会社であるソフトバンクグループで同様の株主優待が実施されているので導入の可能性は高いのではないでしょうか?

 

長期的な目線で見れば、株主優待の導入は個人株主の投機保有につながるため株価の安定が期待されます。
一方でIPOの初値に関して言えば、個人株主以外の思惑も大きいです。

そのため今回のIPOで優待導入による期待での初値向上はそれ程大きくはないのではないでしょうか。
株価が安くなるようであれば優待目的で長期投資で参加してみたいですね。

 

IPO初値形成のマイナス要素はKudanの同時上場と直前の通信障害事件

マイナス材料の1つとして、注目IPO銘柄であるKudan(4425)と同時上場になったことが挙げられます。
上場規模から考えればソフトバンクの初値に対する影響は軽微でしょうが、IPOセカンダリ投資勢に影響がありそうです。
個人的には当日にはソフトバンクの初値ではなく、Kudanの初値を見守る状況(当選)を望んでいます(^^)

また今回は不運にもIPO申込み締め切り直前にソフトバンクが通信障害を起こすという事件が起きました。
今回の通信障害の原因は通信機器大手であるエリクソンの製品が原因であったことが報道されています。

参照:通信障害原因の機器製造、エリクソン幹部来日へ

 

通信障害の原因がソフトバンク自身にはなかったので一安心といきたいところですが…
サービスを利用する企業や一般顧客からすれば関係ありません。
私もソフトバンク系列の携帯を利用しているので影響を受けてしまいました^_^;

 

色々と悩ましいソフトバンクのIPOですが、今後の投資環境のためにも是非良好な初値を期待しています。
現時点では総合的に考えてソフトバンクの初値は想定価格の1500円と同値程度になると予想します。

追記:上場前最終予想です!
ソフトバンク(9434)がいよいよ上場!IPOの初値はどうなるか?最終予想です。


管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ