東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

競争激化!TATERU fundingの優待受付の案内はいつ来るの?申し込み結果について。

競争激化!TATERU fundingの優待受付の案内はいつ来るの?申し込み結果について。



TATERU fundingの不動産投資型クラウドファンディングで資産運用中

インカムゲインの増加を目指して不動産投資型クラウドファンディングに果敢に挑む管理人です。
ソーシャルレンディング投資に対する不安が募るなか、資金がこちらに流れているように感じます。

最近ではGA technologyが運営するRENOSYも不動産投資型クラウドファンディングに参入しました。
しかしこちらは抽選制です…申込枠の数から考えて全く当たる気がしません!

RENOSYのサービスに興味がある方はぜひ下記の記事をご覧くださいね。

 

今後もしばらくは管理人の主投資先はTATERU fundingになりそうです。
本日は予想外にTateru Fundingより優待申し込みの案内が来ました。

「優待サービスの受付はいつ来るの?」
「どれくらいで優待枠は埋まったの?申し込み結果は?」

本日はそんな疑問に答えるべく、これまでの優待サービスと申し込み結果について共有しますね。

 

優待サービスはキャピタル重視型第44~47号ファンドを募集

本日の優待サービスの対象ファンドは第44~47号の計4ファンドでした。
各ファンドの詳細については伏せますが、参考のため優待枠について共有します!

優待サービス内容
1.キャピタル重視型第44号ファンド 優待枠総額:3,200万円(3,200口)
2.キャピタル重視型第45号ファンド 優待枠総額:3,200万円(3,200口)
3.キャピタル重視型第46号ファンド 優待枠総額:4,300万円(4,300口)
4.キャピタル重視型第47号ファンド 優待枠総額:3,200万円(3,200口)

 

優待枠も通常枠の申込と同様に申込受付は先着順です。
申込期間は2018年8月21日午前10時までとなっていますが…メールが届いてから3時間ほどで完売です!

通常枠の場合は申込の開始日時が予め告知されます。
最近は激戦となっていますが、クリック合戦に向けて準備できるわけです。

しかし優待受付は突然、募集開始のメールが来ます!
サラリーマンは昼休みか休憩時間でないと気づけませんね…。

これまでの優待受付がいつ頃にされたのか気になったのでメールを見返しました。
直近3カ月の募集は以下のような募集日時でした。
まさかメールの送信時刻で既に投資家間で差別化されてたり…しませんよね?
弱小投資家なので文句は言えませんが…

2018年6月1日(金)15:30
2018年7月2日(月)時刻不明
2018年7月10日(火)10:30 (急遽追加募集)
2018年8月6日(月)14:08
2018年8月20日(月)13:37

それにしても規則性のない募集開始の案内ですね。
固定の日時だと専業投資家などである程度時間の融通が利く方に有利です。
案内日時不明の方が平等なのかもしれませんね!

個人的には一般サラリーマンの就業終了時間後の募集を希望します!

 

申し込み結果はどうなった?通常枠に申し込みます…!

私がメールに気付いたのは募集開始の案内から1時間以上は経過していました。
急いで各ファンド詳細を確認しましたが、キャピタル重視型第45号ファンド以外は既に満額締め切りでした。

みなさん申込みが早すぎます!
数か月前は結構余裕があったのですが、グリフラ事件以降はTATERU fundingの人気が凄いです。

本当は4ファンドに分散投資をしたいところでしたが、今回は45号ファンドのみ優先出資です!
残りの3ファンドは通常枠でクリック合戦に参戦したいと思います。
最近はサーバーが重くてフリーズして、すぐ終了ばかり…手加減してください!

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ