東証一部上場の穴吹興産のクラウドファンディングが熱い!

SBIソーシャルレンディングで遅延発生!SBISLバイヤーズローンファンドで一部分配不能

SBIソーシャルレンディングで遅延発生!SBISLバイヤーズローンファンドで一部分配不能



SBIソーシャルレンディングで遅延発生!

今年はソーシャルレンディング(SL)業界に激震が続いております。
業界大手のmaneoの行政処分勧告に続いて、今度はSBIソーシャルレンディングです(>_<)

「SBIソーシャルレンディング?SBIグループのソーシャルレンディングの評判?」
「SBIソーシャルレンディングで遅延!?どの案件が対象?」

こんな疑問をお持ちのSL未経験者および投資家のみなさまに今回のニュースを簡単にまとめてお伝えします(^^)/

SBIグループに属するSBIソーシャルレンディングは数あるSL業者の中でもトップクラスの信頼度があります。
SL投資においては業者リスク低減の重要度が増す中、多くのSL投資家がSBIソーシャルレンディングを利用しています。

そんな安定感バッチリのSBIソーシャルレンディングから本日まさかの遅延と分配不能のお知らせが届きました…。

遅延対象案件はSBISL不動産バイヤーズローンファンド

本日SBIソーシャルレンディングから遅延の連絡が来たのは以下のSBISLバイヤーズローンファンドになります。

SBISLバイヤーズローンファンド16号
SBISLバイヤーズローンファンド17号
SBISLバイヤーズローンファンド18号
SBISLバイヤーズローンファンド19号
SBISLバイヤーズローンファンド20号
SBISLバイヤーズローンファンド21号
SBISLバイヤーズローンファンド22号

対象ファンドの詳細とお知らせについては下記のリンクをご覧ください。(2018年7月9日現在)
一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ

SBISL不動産バイヤーズローンファンドは、不動産の売買等を主な事業とする事業者に対して不動産を担保とした貸付事業を行うことを目的とするファンドです。

今回は複数のファンドにまたがって遅延が発生しております(>_<)

スポンサーリンク

 

SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号で被弾

SBISL不動産バイヤーズローンファンドにはあまり積極的に投資しておりませんでしたが、今回22号案件で管理人も被弾です(>_<)

ソーシャルレンディングでは一度投資を実行すると遅延が発生しても途中解約はできません。
SBIソーシャルレンディングの動向を監視しながら行末を見守るしかありません!

ただし今回は下記の2点から投資金が全額毀損する可能性は非常に低いと考えられます。
SBIグループが投資家に対して真摯に対応することを望みます。

複数ファンドで同時に遅延が発生しておりますが、支払いを遅延したのは全て同じ業者でしょうか?
現時点では不明ですので、SBIソーシャルレンディングからの情報公開を待たないといけませんね…。

・支払いを遅延したのは一部分の借り手のみ。
・都内の担保不動産に第一抵当権を有しており、競売による一括回収を検討中。

下記はSBIソーシャルレンディングからメッセージを参照
投資金額部分は修正しております

2018年7月9日

SBIソーシャルレンディング株式会社
代表取締役 織田 貴行

 

一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ

拝啓 時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社はお客様から、以下のファンド(以下、「対象ファンド」といいます。)に出資いただいた資金を貸付金として運用してまいりましたが、本日現在、一部の借手から、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされておりません。

対象ファンドでは、毎月8日から翌月7日までを分配金の計算期間とし、計算期間の終了日である7日までに利息の支払があった場合には、同月15日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日)にご登録いただいている口座に分配金を送金することとなっていますが、上記のとおり、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされていないことから、同月17日においては、現在、一部の分配をすることができない状態となっております。

なお、お客様の対象ファンドと、今回利息の支払がなされていない貸付金に対応する出資金額は以下のとおりです(括弧内はお客様の対象ファンドに対する当初の出資額です)。

SBISL不動産バイヤーズローンファンド 22号  XXXXXX円 (XXXXXX円)

今回の利息の支払がなされなかったことに伴い、弊社は、現在、貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。しかしながら、どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますので、この点、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
本件に関してご不明点等ございましたら、お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

敬具

 

今後の対応とSBIソーシャルレンディングへの投資継続ついて

ソーシャルレンディングは一度投資を実行すれば値動きを気にすることなく分配金を定期的に貰うことができます。
そのためインカムゲイン重視の投資にとっては短期的に過度な値動きがあり得る株式投資に比べて魅力があります。

一方で、ソーシャルレンディングは比較的新しい投資法のため法整備や各業者の対応が発展段階です。
またある程度の高利回りの案件に投資する以上、今回のような遅延やデフォルトは一定確率で発生します。

昨年から様々な問題が発生しているSL業界ですが、管理人は今後も業者を絞って投資を継続予定です。
株式投資のみに全力投資するのはリスクが高いため、SLと組み合わせてインカムゲイン重視の投資を目指します!

<

div class=”borderBox”>

本件に関連して日経新聞が報道。SBISLも反論しております。
関連記事>>>SBIソーシャルレンディングが分配金支払いの遅延に関する日経新聞の記事に反論。

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ