今だけCREAL(クリアル)の夏のキャンペーンで現金プレゼント!

TATERU fundingの評判は?タテルファンディングで期限前償還はあるのか?

TATERU fundingの評判は?タテルファンディングで期限前償還はあるのか?



タテルファンディングの取り扱い案件は短期案件が多数

インカムゲイン重視の管理人は高配当の日米株投資に加えてソーシャルレンディング(SL)にも投資しています。
各社のサービスの中でも株式会社TATERUが運営するTateru Funding(タテルファンディング)を積極的に利用しています(^^)/

タテルファンディングの案件は他のSL業者に比較して貸付期間が短く3~4ヶ月のものがほとんどです。
半年未満の貸付期間のため売買・返金計画などに変更が少ないと想定され、期限前償還(早期償還)はないと考えていました。

管理人とって今回はじめてタテルファンディングで期限前償還があったため実際の利益等について計算してみました!

 

ソーシャルレンディングの貸付期間の長短のメリット・デメリット

ソーシャルレンディングの案件の貸付期間は短いものでは1カ月から、長いものでは24ヶ月を超えるものまで様々です。
貸付期間が長い場合、その期間中に急に現金が必要になった際に通常SL案件は途中解約できないため資金繰りに困ることになります。

また1年以上先の世界経済や景気動向は予期しづらいです。
貸付期間中に不動産景況が著しく悪化した場合は不動産担保付案件では担保価値が下落して、最悪の場合は投資家に被害が発生する可能性もあります。

短期案件ではこのようなリスクを避けて、直近の景気動向を勘案しながら担保価値やLTVに注意して投資可能です(^^)

一方、短期案件に投資した場合は実際の貸付期間に対して資金拘束期間の割合が大きくなる傾向があります。
また償還金を次の案件に投資実行するまでにタイムラグが発生するため資金を効率的に運用することが難しくなります。

このように貸付期間の長短はどちらが必ず良いというわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。
資産状況や景気動向を考慮しながら各タイプの案件に適度に分散して投資するのが良いと考えます(^^)

不動産投資 景況

 

期限前償還(早期償還)のメリット・デメリット

ソーシャルレンディングは資金の貸付先から予定より早期に返金される事があります。
借主からすれば比較的高い金利のソーシャルレンディングから資金を借り続けるよりはなるべく早く返金、借り換えがしたいのは必然です。

投資家の立場から期限前償還を考えるとどうでしょうか?
上述の案件の貸付期間のメリット・デメリットと同様に考えることが可能です(^^)

 

期限前償還により景気動向が変化する前に利益を確定することができます。
一方で想定していた期間、資産が運用することができないためすぐに他の案件で運用を開始しないと当初予定していた運用利回りを得ることが難しくなります。

 

そのため高利回り運用を第一とするSL投資家からは嫌悪される事もある期限前償還ですが、安全性重視の管理人は早期の利益確定と健全なSLの活用と捉えて前向きに考えています。

タテルファンディングで初の期限前償還!

私はこれまで他のSL業者の案件では何度も期限前償還をいくつも体験してきました。
しかしながら貸付期間の短いタテルファンディングの案件での期限前償還は管理人とっては初めてになります。

今回期限前償還が実施されるのは「キャピタル重視型 第13号TATERU APファンド」になります。
当初より早く売却が完了したようで何よりですね(^^)

Tateru Funding

Tateru Funding

当初の予定では償還日は2018年7月31日の予定でしたが、2018年6月28日に変更となり実際の運用期間は58日間となりました。
10万円投資した際の税引き前の配当金は747円となります。
予定通り運用された場合は1172円でしたので若干物足りない感じはしますね。

最近は短期貸付期間の案件においては、業者リスクが低いのであればある程度まとまった額の運用が必要かと考えています。

 

タテルファンディングの期限前償還では利回りの変更はあるのか?

Owners Book等の案件では早期償還の場合に実際の利回りが当初予定していた利回りを超えることがあります。
タテルファンディングの場合にも利回りの向上があり得るのか現在のところ不明です。

7月に実際に償還された際に運用利回りに変更があった場合にはこちらの記事に追記したいと思います。
なお早期償還により自由となった資金は米国株の積立投資かタテルファンディングの次の案件に投資するか考え中です!

 

管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。

株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。
しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。
私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります!

利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。
また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね!

案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。
まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。

無料口座開設(公式サイト)>>>OwnersBook

管理人のOwnersBookでの実績はこちら
>>>OwnersBook(オーナーズブック)の実績紹介。実績と評判でソーシャルレンディングを選ぶべき!

 

*投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

クリックして頂けると大変励みになります(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ